あなたの位置: ホーム(トップページ) | Michael Jackson の歌詞 | Abc の歌詞 (歌詞和訳)

Abc の歌詞




芸術家(アーティスト) Michael Jackson

歌詞和訳(日本語和訳)
SPONSORED
Inductees: Jackie Jackson (vocals; born May 14, 1951), Jermaine Jackson (vocals; born December 11, 1954), Marlon Jackson (vocals; born March 12, 1957), Michael Jackson (vocals; born August 29, 1958), Tito Jackson (vocals; born October 15, 1953)

In the words of Berry Gordy, founder and driving force behind Motown, the Jackson 5 were "the last big stars to come rolling off my assembly line." After performing for much of the decade in and around their native Indiana, the Jackson 5 found their way to Detroit's hitmaking Motown Records at the tail end of the Sixties. Led by 11-year-old Michael Jackson-who was joined by brothers Jermaine, Tito, Marlon and Jackie-the Jackson 5 were young, fresh and full of energy. The group made music-business history when their first four singles shot to #1 in 1970. That record-breaking string of 45s-"I Want You Back," "ABC," "The Love You Save" and "I'll Be There"-endeared the hard-working Jackson's to a public that found their soulful singing and tight choreography an entertaining diversion from all the social and political cataclysms weighing upon the country.

Like all of Motown's acts, the Jackson 5's popularity transcended race. Everyone loved the Jackson Five, especially the cherubic, charismatic Michael. The reasons for their out-of-the-box success boiled down to one simple truth: "The singing and the songs make us happy," wrote soul-music biographer David Ritz. "They are moments of incandescent beauty-young, wildly optimistic."

The Jackson 5 rose from humble circumstances in Gary, Indiana. They were the eldest sons in a family of nine children born to steelworker Joe Jackson and his wife Katherine. When Joe saw that his charges had talent, he devoted himself to molding them into a well-rehearsed group that covered Motown and other soul/R&B hits of the day. When they formed in 1964, Michael Jackson was all of six years old, but his natural gift for singing, dancing and entertaining belied his youth. They performed at talent shows and as opening acts on bills that took them to places like Harlem's Apollo Theater, where they won an amateur-night competition in 1967.

All the while, Michael Jackson studied the moves of the masters: their onstage choreography, how they phrased a song, the way they worked a crowd. His heroes and tutors included James Brown, Sam and Dave, Jack Wilson, Etta James and his older brother, Jermaine, who himself was a disciple of Marvin g**e. The Jackson 5 also absorbed a considerable measure of influence from another "family" act: the prototypical soul/funk crossover band Sly and the Family Stone.

The Jackson 5 wound up at Motown through the importunings of Bobby Taylor, a performer and producer who caught their act at Chicago's Regal nightclub. They were a road-tested act even then, having for years worked the "chitlin' circuit" of black nightclubs as far east as Washington D.C. At Motown, Berry Gordy took a hands-on interest in the group. With Diana Ross having left the Supremes and Gordy having relocated from Detroit to Los Angeles, the Jackson 5 were poised to inherit the torch and carry Motown's success forward into the Seventies. Much of the Jackson 5's early repertoire was written, rehearsed and recorded in California under Gordy's tutelage.

They were matched with "the Corporation," a Motown production team groomed to replace the recently departed Holland-Dozier-Holland. In January 1970, their first production for the Jackson 5, "I Want You Back," reached #1 on the pop and R&B charts. Its followup, "ABC," unseated the Beatles' "Let It Be" from the top position that April. Their youthful, soulful sound got dubbed "bubblegum soul." By the summer of 1970, the Jackson 5 were headlining 20,000-seat venues, and Jacksonmania was in full swing. "I'll Be There," their fourth #1 single in a row and biggest hit, remained on top for five weeks in the fall of 1970. They conquered television as well as radio, appearing regularly on The Ed Sullivan Show in the early Seventies and on their own CBS summer variety show in 1976. An animated Saturday-morning cartoon show based on the musical adventures of the Jackson 5 enhanced their appeal with younger fans.

Their tenure at Motown continued until the mid-Seventies, by which time they'd begun to turn their attention to the emerging disco movement with hits like "Dancing Machine" (#2, 1974). Moving to Epic, the Jackson 5 shortened their name to the Jackson's. Their first two albums for the new label, The Jackson's and Goin' Places, were produced by Philadelphia R&B masters Kenny Gamble and Leon Huff. The Jackson's entered another successful phase in their career with a trio of contemporary dance-oriented R&B albums-Destiny (1978), Triumph (1980) and Victory (1984)-which were produced and largely written by the increasingly autonomous group. Their highly publicized 1984 Victory tour turned out to be the last Jacksons project to include brother Michael, who had by then achieved solo superstardom.

Clan patriarch Joe Jackson and boxing promoter Don King were among the co-promoters of the Victory tour, which was sponsored by Pepsi. Controversy ensued when ticket prices were fixed at a then-astronomical $30. Michael Jackson thereupon announced that he would donate his share of the proceeds to charity. In 1989, the Jackson's (sans Michael) released their seventh Epic album, 2300 Jackson Street, whose title referred to the street address in Gary, Indiana, where the family's incredible musical saga began.

注:日本のコピーは参照のために公正である
SPONSORED

Abc の歌詞 (Abc の歌詞和訳)



Inductees: vocals Jackie ジャクソン(; 生まれる1951) 5 月14 日、vocals Jermaine ジャクソン(; 生まれる1954) 12 月11 日、vocals Marlon ジャクソン(; 生まれる1957) 3 月12 日、vocals ミハエルジャクソン(; 生まれる1958) 8 月29 日、vocals チトージャクソン(; 果実Gordy の単語の生まれる10 月15 日、1953)

、Motown の後ろの創設者および原動力、ジャクソン5 は"来る最後の大きい星であり、" の十年の多くもの間の実行の後の私の一貫作業を離れて転がる天然インディアナのまわりで、ジャクソン5 は六十年代のテールエンドにデトロイトのhitmaking Motown の記録に方法を見つけた。ジャクソン兄弟Jermaine 、チトー、Marlon およびJackie-the ジャクソン5 によって結合された11 年古いミハエルによってエネルギーの若く、新しく完全導かれた。グループは最初4 つが1970 年に#1 にワンショットとき音楽ビジネス歴史を作った。45s-"I の記録破りの一連は、" "ABC 、" "愛あなたを除けば" 及び"私ほしいと思うこと彼らの感情的な歌及び堅いchoreography を国に重量を量るすべての社会的な、政治cataclysms からの心に抱く転換見つけた公衆への勤勉なジャクソンThere" 慕わせられる。

Motown の行為のすべてのように、ジャクソンの5 は人気競争を超越した。皆はジャクソン5 、特に可愛らしく、超人間的なミハエルを愛した。1 つの真相に沸くの箱の成功の理由: "歌うこと及び歌は私達を幸せに、" 書いたデイヴィッドRitz 精神音楽伝記作家をさせる。"それらは" 楽観的な白熱美若いの時、乱暴に
{P である} ジャクソン5 はギャリー、インディアナの控え目な情況から上がった。彼らは製鋼職工及び彼の妻Katherine にジョージャクソン耐えられた9 人の子供の系列の長男だった。彼の充満に才能があったことをジョーが見たときに、彼は日のMotown そして他のsoul/R&B 衝突をカバーしたよリハーサルをされたグループに鋳造物に彼自身をそれら捧げた。それらが1964 年に形作ったときに、ミハエルジャクソンは6 年のすべて古いだったが、歌うこと、ダンス及び心に抱くことのための彼の自然なギフトは彼の青年が偽りであることを示した。それらは才能ショーで開いて彼らが1967 年にアマチュア夜競争に勝った、Harlem のアポロ劇場のような場所にそれらを持って行った手形で機能するように行い。

すべての間、ミハエルジャクソンはマスターの移動を調査した: 歌をいかに言い表わしたかonstage choreography 、方法群集を働かせた。彼の英雄および個人教師はジェームスブラウン、Sam およびデーブ、ジャックウイルソン、Etta ジェームスおよび彼のより古い兄弟、彼自身弟子がマーヴィンGaye のあったJermaine 含んでいたの。ジャクソン5 はまた別の"家族" の行為からの影響のかなりの測定を吸収した: 悪賢い原型のsoul/funk のクロスオーバーバンドおよび家族の石。

ジャクソン5 はシカゴの豪奢なナイトクラブで彼らの行為をつかまえたBobby テイラー、実行者および生産者のimportunings によってMotown で傷つく。彼らはワシントン州D. C として極東として道テストされた行為それからであり、働かせた黒いナイトクラブの"chitlin ' 回路" を幾年もの間持っている。Motown で、果実Gordy はグループに実地興味をもっていた。デトロイトからロスアンジェルスに移るSupremes およびGordy を残していたダイアナロスとトーチを受継ぎ、70 年代にMotown の成功を先に運ぶためにジャクソン5 は安定した。ジャクソン5 の早いレパートリーの多くはGordy の保護監督の下のカリフォルニアに書かれ、リハーサルをされ、そして記録された。

それらは"株式会社と、" 最近出発したオランダDozier オランダを取り替えるために手入れをされたMotown の生産のチーム一致した。1970 年1 月では、ジャクソン5 のための最初生産、"私は、" 破裂音およびR&B の図表の達された#1 がほしいと思う。そのfollowup は、"ABC 、" Beatles の"あるように4 月上の位置から" したそれが席を奪った。若々しく、感情的な音は1970 年の夏までにダビングされた"bubblegum 精神" を得た、ジャクソン5 は20 の000 座席開催地に見出しを付けて、Jacksonmania は最高潮だった。"私は、" 第4 #1 続けて選抜する1970 年の落下以内に5 週間上に残ったビッグヒットそこにい。それらは早い70 年代のEd Sullivan ショーと1976 年に自身のCBS の夏のバラエティーショーで規則的に現われるラジオと同様、テレビを征服した。ジャクソン5 の音楽的な冒険に基づく生気に満ちた土曜日朝の漫画ショーは若いファンとの懇願を高めた。

Motown の保有は時間までにそれらが"ダンス機械" のような衝突と出現のディスコの動きへの注意を回し始められて中間70 年代まで続いた、(# 2 、1974 年) 。叙事詩に動いて、ジャクソン5 はジャクソンに名前を短くした。新しいラベル、ジャクソンおよびGoin の' 場所のための最初2 冊のアルバムはフィラデルヒィアR&B のマスターのKenny の賭け及びLeon のHuff によって、作り出された。現代的な踊方向づけられたR&B アルバムAlbums-Destiny (1978 年) 、Triumph (1980 年) およびVictory (1984 年) のトリオとのキャリアで入られたジャクソンに別の巧妙な段階ますます自治グループによって- 作り出され、主として書かれていた。広く公表された1984 年の勝利旅行はそれまでに単独のsuperstardom を達成した兄弟ミハエルが含まれるJacksons の最後のプロジェクトであることをなった。

ジョージャクソン一族の家長及びボクシングの促進者のドン王はペプシによって後援された勝利旅行のco 促進者間にあった。論争は切符の価格が天文$30 で固定だったときに続いた。彼が慈善に収入の彼の分け前を寄付するミハエルジャクソンはそこで発表した。1989 年に、第7 叙事詩のアルバム、タイトルが家族の信じられないい音楽的な冒険談が始まった、ギャリー、インディアナの住所を示した2300 ジャクソンの通り解放されるジャクソン(sans ミハエル) 。

注: 歌詞すべては所有者の特性そして版権である。歌詞は教育の目的のみで掲載されています。
SPONSORED

洋楽掲示板

Michael Jackson の歌詞

人気への歌词