あなたの位置: ホーム(トップページ) | Alphaville の歌詞 | All in The Golden Afternoon の歌詞 (歌詞和訳)

All in The Golden Afternoon の歌詞




芸術家(アーティスト) Alphaville

歌詞和訳(日本語和訳)
SPONSORED
All in the golden afternoon full leisurely we glide
For both our oars, with little skill, by little arms are plied
While little hands make vain pretence our wanderings to guide

Ah, cruel three! in such an hour beneath such dreamy wheather
To beg a tale of breath too weak to stir the tiniest feather
And what can one poor voice avail against three tongues together

Anon, to sudden silence won, in fancy they persue
The dream child moving through a land of wonders wild and new
In friendly chat with bird or beast- and half believe it true

And ever as the story drained the wells of fancy dry
And faintly strove that weary one to put the subject by
The next time. it is next time the happy voices cry

Thus grew the tale of wonderland, thus slowly, one by one
It’s quaint events were hammered out
And now the tale is done and home we steer
A merry crew
Beneath the setting sun


Lewis carrol

注:日本のコピーは参照のために公正である
SPONSORED

黄金色の昼下がりのすべて の歌詞 (All in The Golden Afternoon の歌詞和訳)



すべて黄金午後に完全にのんびりと我々 滑空します。
ほとんどのスキルに両方私達のオールの小さな腕しまくっています。
小さな手をガイドする wanderings まねごとながら

ああ、残酷な 3 !このような時間でこのような夢のような wheather 下
息 tiniest 羽をかき混ぜることはあまりにも弱いの物語を頼む
何に対して 3 つの舌一緒に 1 つの悪い声を利用することができます。

アノン、ウォン、突然沈黙するの空想は追求
野生と新しい驚異の土地を介して移動夢子
フレンドリーなチャットと鳥または獣 - 半分のそれを信じる真

これまでの排水、物語の空想のドライの井戸
ほんのり件名を置くに疲れた 1 つを努めた
次の時間。次の時間を幸せな声の叫びです。

したがって、不思議の国の物語を育ったこのようにゆっくりと、1 つずつ
それの趣のあるイベントが打ち出していた
現在、物語は終わりし、ホーム私たちを導く
メリーの乗組員
設定を太陽の下


ルイス ・ キャロル

注: 歌詞すべては所有者の特性そして版権である。歌詞は教育の目的のみで掲載されています。
SPONSORED

洋楽掲示板

Alphaville の歌詞

人気への歌词