あなたの位置: ホーム(トップページ) | Gang Of Four の歌詞 | Capital (it Fails Us Now) の歌詞 (歌詞和訳)

Capital (it Fails Us Now) の歌詞




芸術家(アーティスト) Gang Of Four

歌詞和訳(日本語和訳)
SPONSORED
OTEP is an art project/band/brainfusion/movement/process; breaking ground, breaking rules, breaking sound barriers. Aggressive. Pummeling. Assault. Pure Adrenaline. Death Metal at its EmoCore of Heavy Mental Rock.

OTEP is poetry.

OTEP is a beast reborn amongst a newly formed gang of four: Otep, the vocalist, Lee Rios on guitar, Doug Pellerin bangs the drums, and bassist eViL j are the newest heads of this ever growing Creative Hydra. Their second album, House of Secrets, produced by Greg Wells in Los Angeles at Rocket Carousel Studios in late 2003, boasts a fertile evolution of artistry and venomous power.

Otep is herself, a poet, an artist, a conduit. "I'm the conductor, things flow through me," Otep will tell you. When she began to bring her vision to fruition, to take her art, her ideas, and her poetry and bring it to life, she gathered her inner forces. She knew the stage on which she'd perform: the arena of metal. Metal, a world rife with competitive testosterone. Think Slayer. Think Korn. Think Slipknot. Think...any band and you'll find nary a damsel. "Once I broke through the gates, it became a lonely place not only because of my gender, but the overall environment." However, Otep persevered. Forming in the fall of 2000, in the abyss of the West Coast, the band OTEP raged. Within eight months of becoming one - and this is certainly not lore - Sharon Osbourne was wowed enough to offer OTEP a 3rd stage slot on Ozzfest 2001 before they had a record deal. The execs at Capitol were captivated as well signing the band without a demo, strictly on the power of their live performance. The result was their debut album Sevas Tra; a triumph, a dream, a reality.

A lifetime of writing, and in a single instant, thrust upon a stage, to perform for the minions of metal. "I never performed before in my life; I didn't know I could pull it off, I just knew I was compelled to try, " Otep confesses. "On the new album," she continues, "I followed the muses, my instincts, and never doubted the path. Even when it led me to sing. I have never considered myself a singer, I am more of an orator". Indeed, on their second release, House of Secrets, Otep does more than simply sing; she howls, screams, informs, protects, destroys - distorted, distended, destructive, far more so than on Sevas Tra.

Music is holy, art is sacred, and creativity is power.

When Otep approached the sophomore effort, House of Secrets, she decided to hire producer Greg Wells, who recently worked with The Deftones. "For this record, I wanted to conspire with a really creative producer who not only could write music but was willing to test the limits of it. Before writing "HOUSE", I met Greg and within five minutes I knew I wanted to work with him; his genius at writing, composing, & passion for music excited me. He understood my philosophy of art & it's been the best creative experience I've ever had. House of Secrets is a much more pure album."

Pure in its purest sense. On House of Secrets, Otep opened her creative breadth & unleashed a hellhound of inspiration.

The results are not for the aurally shy. House of Secrets is "more aggressive, inventive, it's angrier, it's louder than Sevas Tra". Otep acknowledges, adding, "It's the same roots as the first record, but a much bigger tree. With Sevas Tra, I had an entire lifetime to store up imagery, the ideals, and the symbols for what became our 1st album. House of Secrets is much more explosive, more experimental. I wanted extremes on both ends; I wanted to unleash madness & genius. I wanted to challenge myself right now, who I am at this moment, at this time. For art to be successful you have to make yourself vulnerable. In this industry, lots of people are afraid to be thought of as weak, my only fear is not being creative."

Thanks to sarah for submitting the biography.

注:日本のコピーは参照のために公正である
SPONSORED

重要(それは私達を今失敗する) の歌詞 (Capital (it Fails Us Now) の歌詞和訳)



OTEP は芸術project/band/brainfusion/movement/process である; 、健全な障壁を壊す規則を地上破損壊す。積極的。打つこと。攻撃。純粋なアドレナリン。重い精神石のEmoCore の死の金属。

OTEP は詩歌である。

OTEP は4 の最近形作られた一団の中で生まれ変わる獣である: 、Otep は、vocalist ギター、ダグPellerin のリーRios ドラムを強打し、コントラバス奏者の悪j はこの成長の創造的なHydra の最も新しい頭部である。第2 アルバム、遅い2003 年にロケットのコンベヤーのスタジオでロスアンジェルスのグレッグWells が作り出す秘密の家は芸術性及び有毒力の肥沃な進化を自慢する。

Otep 彼女自身はの、詩人水路、芸術家ある。"私は私をコンダクター、事貫流する、" Otep 言うである。彼女が彼女の視野を達成に持って来、彼女に芸術、彼女の考え、および彼女の詩歌を取り、生命に持って来始めたときに彼女は彼女の内部力を集めた。彼女は彼女が行う段階を知っていた: 金属の競技場。金属、競争のテストステロンとrife 世界。殺害者を考えなさい。Korn を考えなさい。Slipknot を考えなさい。考えなさい。。バンドおよびあなたはnary damsel を見つける。"私がゲートを通って壊れたら、それは私の性のために孤独な場所にしかならなかったが、しかし全面的な環境" は、Otep 辛抱した。、西海岸の地獄の2000 年の落下に形作って、バンドOTEP は激怒した。1 - なること及びこれの8 か月以内にlore は確かにない- それらが記録的な取り引きを有したOzzfest 2001 年前にシャロンOsbourne にOTEP にの第3 段階スロットを提供する十分wowed 。国会議事堂のexecs はよく生きている性能の力のデモのないバンドに、厳しく署名することとして魅了した。結果はデビューアルバムSevas Tra だった; 勝利、夢、現実。

執筆の、そして単一の瞬間、段階に推圧のA の寿命、金属の子分のために行うため。"私は私の生命に決して前に行わなかった; 私は私が"Otep 告白する試みる強いられたことを私が私ちょうど知っていたそれを引っ張ることができることを知らなかった。"新しいアルバムで、" 彼女は続ける、"私はmuses 、私の本能、決して疑わなかった道を続かなかった。それが私を歌うために導いた時でさえ。私は決して自分自身を歌手と、私である演説者の多く"考慮したあらないことは。全く、第2 解放で、秘密の家、Otep は多くにより単に歌うする; 彼女は- 、歪められて、膨張させて、Sevas Tra でよりずっとそう有害遠ぼえしたり、叫んだり、知らせたり、保護したり、破壊する。

音楽は神聖である、芸術は神聖であり、創造性は力である。Otep がsophomore の努力、秘密の家に、彼女Deftones を最近使った生産者のグレッグの井戸を雇うことにした近づいた時

。"この記録のために、私は音楽しか書かない実際に創造的な生産者と共謀しことができるが、たいと思ったりそれの限界をテストして喜んでだった。執筆"家の前に" 、私はグレッグに会い、5 分以内に私が彼と働きたいと思ったことを知っていた; 音楽のための執筆、構成、及び情熱の彼の天才は私を刺激した。彼は芸術及びずっとそれの私の哲学が私が持っていたあることが最もよく創造的な経験であることを理解した。秘密の家ははるかに純粋なアルバム"
{P である} 最も純粋な感覚で純粋。秘密の家で、Otep は彼女の創造的な幅を開けたり及びインスピレーシヨンのhellhound を自由にした。

結果は秘密の聴覚内気な家のためである"積極的、創意に富む、それ怒っている、それSevas Tra より騒々しい" でない。Otep は認め、"それである最初の記録、しかし大いにより大きい木同じ根加える。Sevas Tra と、私は私達の第1 アルバムに貯えるべき全体の寿命をなったもののためのイメージ、理想、および記号の上で有した。秘密の家は大いに爆発性、実験である。私は両端の極端がほしいと思った; 私は狂気及び天才を自由にしたいと思った。私は私がこの時にであるこの時に自分自身に今挑戦したいと思った。巧妙がある芸術のためにあなた自身を傷つきやすくさせなければならない。この企業では、の多くは弱い、私の唯一に恐れが創造的"でない

ようにについて考えられて恐れている伝記を堤出する為のサラのおかげで。

注: 歌詞すべては所有者の特性そして版権である。歌詞は教育の目的のみで掲載されています。
SPONSORED

洋楽掲示板

Gang Of Four の歌詞

人気への歌词