あなたの位置: ホーム(トップページ) | Squeeze の歌詞 | Electric Trains の歌詞 (歌詞和訳)

Electric Trains の歌詞




芸術家(アーティスト) Squeeze

歌詞和訳(日本語和訳)
SPONSORED
(difford/tilbrook)

When I was crowned a mummy’s boy by friends I didn’t like
I made a meal of trips to school upon my father’s bike
I used to sit between his legs, perched on a piece of wood
If it ever rained on us, I’d slip beneath his hood
And at home the radio was on
From julie andrews to jerry garcia
Life was all fun and games
I was out of my head and underneath my bed
Playing with electric trains

At home the stereo was on
My head was filled with rock
I played a willow cricket bat guitar
And soloed round the clock
My records stacked up in a pile
Collected from the charts
And top of the pops

Kneeling with torchlight shining
Before me in my bed
My eyeballs stuck in readers wives
Pubic hairs proudly counted everyday
Manhood took me slowly
Out into the milky way

I chased the girls and made them cry
My hair grew down my back
The passing of my teenage years
Were spent down in the sack
I played guitar and formed a band
I puked up all night long

As people came to sit and stare
While I raced through my songs
The sound of music passed by me
Just like the grateful dead

注:日本のコピーは参照のために公正である
SPONSORED

電車 の歌詞 (Electric Trains の歌詞和訳)



(difford/終わりました)

私は好きではなかったの友人がミイラの少年を戴冠したとき
私は学校に私の父の自転車旅行の食事さ
木の部分に腰掛け、彼の足の間に座ってするために使用
それはこれまで私たちに雨が降った場合、彼はボンネットの下にスリップを持っていた
自宅でラジオであった
ジュリー ・ アンドリュースにジェリー ・ ガルシア
人生は、すべての楽しさとゲームだった
私は私の頭と私のベッドの下にいた
電車で遊んでください。

自宅のステレオだった
私の頭の岩に満ちていた
ウィロー クリケット バット ギターを果たした
ソロ ラウンド時計
私の記録を山に積み上げ
チャートから収集
ポップスのトップ

たいまつを輝いてでひざまずいてください。
私の前に私のベッド
読者の妻に私の眼球を立ち往生
恥骨の毛は誇らしげに毎日をカウント
ゆっくりと私の男らしさを取った
天の川に出て

私は女の子追いかけ、泣かせ
私の背中の私の髪の成長
私の 10 代の年の通過
ダウン袋に費やされました。
ギターを演奏し、バンドを結成
私は一晩中を吐いた

人に座ると見詰める来たと
私は私の歌を介してレース中
私が渡された音楽の音
グレイトフルデッドのようなちょうど

注: 歌詞すべては所有者の特性そして版権である。歌詞は教育の目的のみで掲載されています。
SPONSORED

洋楽掲示板

Squeeze の歌詞

人気への歌词