あなたの位置: ホーム(トップページ) | HELLOWEEN の歌詞 | Exclusive Helloween Interview の歌詞 (歌詞和訳)

Exclusive Helloween Interview の歌詞




芸術家(アーティスト) HELLOWEEN

歌詞和訳(日本語和訳)
SPONSORED
[Japanese Version]

[Kiske:]

Well, Japan. We've been there, I think, two times now, and it's always been
a great fun playing there. I like the venues. They are sounding very
good,
they look very good, and kids over there really appreciate good music and
stuff. And I think the next time we're gonna play at the Budokan, which
is
pretty cool. Lookin' forward to it. It's gonna be fun.

[Schwichtenberg:]

Japan has been always great to play there, and will be in the future. And
Japan people are great, it's fun to play there and you feel very
confident
and convinient or whatever to play there. And Japanese people are listening
very carefully, I don't know. It's great to be in Japan.

[Kiske:]

"Kids of the Century" is the first life sign of us after two and a half
years. And after all those rumours going around about this band - me
leaving the band, me splitting up, or the band splitting up, and all that
stuff, which has been quite a lot. Maybe that's normal when the band's not
on the scene for a while. But after that it feels really good to have,
actually, a new album ready and a single out. So the kids know we are still
there. And with the music you can prove what you can do still even
without
one guy that just left the band. I think we found the right person there,
Roland. And I think the album says everything. Yeah, I wrote "Kids of the
Century" about more than two years ago now. And remembering that time I
feel like, when I wrote that song, I was in that feel of that all the kids
today, they just feel like they haven't got anything to do with the
problems. Everything goes wrong, the nature or whatever. Just came out of
that feeling actually. And that's what the song's all about, I think. What
the kids today...Because I feel like everybody's responsible, especially
the kids. If they don't feel like they have to change anything or have to
make things better, nobody will.

[Schwichtenberg:]

I think having Roland in the band is.. we are as lucky as we have Michael
in the band by that time, we are lucky having Roland in the band. And he's
just doing great songs and great guitar work he's doing. And a good pal as
well. He's a nice fellow. And he just fits in the band very much. I think
the fans will accept him of course.

[Weikath:]

Well, the nice thing about Roland being in the band is that I saw him
like, I don't know, fifteen years ago or so on stage, and I thought that
was pretty impressing, what he did there, and I could never forget about
that. And that's why actually I called him up then when we needed
another
guitarist, "Remember that guy?". And so it took me, like, four hours to
find out the number, like I had to phone up musicians I knew and suddenly
somehow I got the number, and phoned him up: "You might not know me, but I
know you. How about playing guitar in Helloween?" And he didn't even know
the band. So I had to give him some examples of our songs, like really
loud, cranked it up. And so, well, he was interested, like it quite a lot.
And then we went to rehearsing, we had to do the whole stuff within two
months. 'Cause then we had to go on an American tour and Japan meant two
hours of playing. And well, ha ha, quite a tough job I would say. After
all, I mean, we can handle that, we are pretty good, you know. And I'm
sorry about that, but well... yeah, Roland is a very nice guy. He's
doing a big part of the band with his character, and his kind of being.
And it's quite a difference too how the whole thing worked before, because
he is a completely different character. He is a lot more calm and very
critical. He's always got his own opinion and that's exactly what we need.

[Kiske:]

Yeah, we recorded the album at PUK studio in Denmark, which is a very
good
studio, I think, very lovely place. It's right in the middle of nowhere
but that's actually what we wanted, to really concentrate on the album.
And working with Chris was pretty cool, because he's got a very strong
sense of humor as we like it. And we had some cool moments there and
that's all caught on the album. Yeah, the production that Chris
Tsangarides has done is right in your face. That's the best description
of the sound actually. So just check it out!

[Schwichtenberg:]

Crystal clear, or...

[Kiske:]

Crystal Tsangarides clear, ha ha!

[Weikath:]

I would say thank you to everybody who kept up the faith during all that
time, and after all, those rumours are untrue.

[Schwichtenberg:]

The best thing for the fans, for the people who like us, is just to listen
what comes from us directly, like this now, and the album of course.

[Kiske:]

Yeah, especially the album.

[Schwichtenberg:]

Don't trust any rumours or whatever.

[Kiske:]

The thing is, forget about what's been in the magazines, or what has been
said, or all the stuff. And just check out the album and you know what's
going on. Of course, the single as well.

[Schwichtenberg:]

Thanks for keeping the faith

注:日本のコピーは参照のために公正である
SPONSORED

Helloween の排他的なインタビュー の歌詞 (Exclusive Helloween Interview の歌詞和訳)



[ 日本語版]

[ Kiske: ]

よく、日本。私達はそこにいた、私は、2 回今考え、それは常に
そこに遊ぶ大きい楽しみである。私は開催地を好む。それらは
よく非常に鳴っている、
非常によく見、子供は向こうに実際によい音楽を認め、
詰めなさい。そして私は私達が

かなり涼しいBudokan にgonna の演劇である時次に考える。それに前方Lookin ' 。それはgonna である楽しみである。

[ Schwichtenberg: ]

日本はそこに遊んで常に大きく将来ある。そして
日本人々は大きい、それはそこに遊ぶべき楽しみであり、またはそこの演劇へのものは何でも
確信し、
convinient 非常に感じる。そして日本の人々は
、私知らない非常に注意深く聞いている。それは日本にあることは大きい。

[ Kiske: ]

"世紀の子供" は2 の後の私達及び年半分{P の} の最初の生命印である。そして約一回りするすべてのそれらのうわさの後でこのバンド- 私
バンドを、私残している、または裂ける
詰めなさいバンドを裂けている及びすべて、たくさんあった。多分それは正常なとき場面のバンドない
しばらく。_ しかし後それそれ感じ実質よ持、
実際、新しアルバム準備ができ及び単一出口。そう子供は私達が
そこにまだあることを知っている。そして音楽と
1 人の人なしで
その公正な左を均等にするためにバンドまだすることができるものを証明できる。私は私達が右の人を、
Roland そこに見つけたことを考える。そして私はアルバムがすべてを言うことを考える。ええ、私は"前に2 年以上についての
世紀の子供" を今書いた。そして私がその歌を書いたときに時間I の
感じが好むことを覚えていて、私はそれのその感じにそれらが
問題とすることを何も得なかったように子供全員
、彼らちょうど感じる今日だった。すべてはまたはものは何でも、性質間違って行く。ちょうど
実際のその感じから出た。そしてそれは歌がすべてに約、私考えるものである。
今日子供何。。私が責任がある皆のように感じるので特に
子供。何でも変えなければならないまたはなれば
させれば事をよりよく感じなければように彼らが、だれも。

[ Schwichtenberg: ] バンドで持っていてあることを

私は考えるRoland を。私達は私達にその時間までにバンドでミハエル
あると幸運、私達であり幸運でありRoland をバンドで持っている。そして彼は
ちょうど彼がしているすばらしいギターの仕事およびすばらしい歌をしている。そして
よくようによいpal 。彼は良い仲間である。そして彼非常にバンドのちょうど適合。私は考える
ファンは当然彼を受け入れる。

[ Weikath: ]

よく、バンドにまたはそう段階であるRoland についての素晴らしい事は、私知らない、15 年前に私が彼に
のように会ったことであり、{彼がそこにした、
それについて決して忘れることができない何を、P} きれいな印象づけることがあったと私は考え。そしてそれは私達が
もう一人の
guitarist を必要としたときに実際に私が彼を、"覚えているその人をか。" なぜ呼んだかである。そしてそうそれは私が私が知っていた突然
どうかして私が数を得、彼に電話をかけた音楽家の上で電話をかけなければならなかったように、私を、のように、4 時間に
見つける数を連れて行き、: "私を知らないかもしれないがI
知っている。いかにHelloween のギターの演奏についてか。" そして彼は
バンドを知らなかった。
大声で、回したそれをそう私は彼に実際にのような私達の歌のある例を、与えなければならなかった。そしてそう、よく、彼はそれのように、たくさん興味を起こさせられた。
そして私達はリハーサルをすることに、私達2 かの
月以内の全原料をしなければならなかった行った。' 原因それから私達はアメリカ旅行で行かなければなり、日本は遊ぶことの2 つの
時間を意味した。そしてよく、ha ha のかなり私が言う堅い仕事。
すべての後で、私は、私達、私達がかなりよいこと扱うことができる、知っている意味する。そして私は
それについて残念、健康でありではない。。ええ、Roland は非常に良い人である。彼は
彼の特性が付いているバンドの大きい部分、および彼のあ種類のあることをしている。
そしてそれは
彼が完全に別の特性であるので何もかも全部がいかにの前に働いたか相違余りにかなりである。彼はもっとたくさん穏やか非常に
重大であり。彼は常に彼自身の意見を得られ、それは私達が必要とするもの丁度である。

[ Kiske: ]

ええ、私達はのPUK のスタジオにアルバムを
よい
スタジオ非常にであるデンマークの、私考える、非常に美しい場所記録した。それはどことも分からぬ所
の真中で右であるが、それは実際にアルバムに集中する、私達はほしいと思ったものが実際にべきである。
そしてクリスと働くことは私達がそれを好むように彼が非常に強い
ユーモアを持っているので、かなり涼しかった。そして私達はある涼しい時をそこに過し、
アルバムで完全につかまえられる。ええ、クリス
Tsangarides がした生産はあなたの表面で右である。それは実際の音の最もよい記述
である。そうちょうどそれを点検しなさい!

[ Schwichtenberg: ]

、または透明。。

[ Kiske: ]

Tsangarides の水晶ゆとり、ha ha!

[ Weikath: ]

私は
時間を計りなさい、及び結局、それらのうわさは虚偽であるすべての間の信頼を維持した皆に感謝する言う。

[ Schwichtenberg: ] 当然今直接来る何がこれのように私達、及びアルバムから

聞くために私達のように、公正である人々のファンのための最もよい事、


[ Kiske: ]

ええ、特にアルバム。

[ Schwichtenberg: ] またはものは何でも

うわさを信頼しなければ。

[ Kiske: ] または
あるか、またはすべての原料言われたか何が、ものがについて雑誌に

事は、忘れているある。そしてアルバムおよびあなたからの公正な点検は
継続しているものが知っている。当然、よくように単一。

[ Schwichtenberg: ]

信頼を保つ為の感謝

注: 歌詞すべては所有者の特性そして版権である。歌詞は教育の目的のみで掲載されています。
SPONSORED

洋楽掲示板

HELLOWEEN の歌詞

人気への歌词