あなたの位置: ホーム(トップページ) | Pm Dawn の歌詞 | Fantasia's Confidential Ghetto の歌詞 (歌詞和訳)

Fantasia's Confidential Ghetto の歌詞




芸術家(アーティスト) Pm Dawn

歌詞和訳(日本語和訳)
SPONSORED
1999

I was dreaming when I wrote this, forgive me if it goes astray
But when I woke up this morning could a sworn is was judgement day
The sky was all a purple there were people running everywhere
Trying to run from theyre destruction, and no I didn’t even care
They say two thousand zero zero party’s over oops out of time
So tonight I’m gonna party like it’s 1999
They say two thousand zero zero, party’s over oop out of time
So tonight I’m gonna cry like it’s 1999

Once in a lifetime

Time isn’t holding us, time isn’t after us
Time isn’t holding us, time isn’t after us
Letting the days go by, letting the days go by,
Letting the days go by, letting the days go by.
You may find yourself living in a shack and shack
You may find yourself in another part of the world
You may find yourself behind the wheel of a large automobile
You may find yourself with a beautiful house, with a beautiful wife
You may ask yourself, how did I get here

Letting the days go by, let the water hold me down
Letting the days go by, water flowing under ground
Into the pool again, after the money’s gone
Once in a lifetime, water flowing under ground

You may ask your self where is this house
You may ask yourself where does this highway go
You mayask yourself am I right or wrong
You may ask yourself my god, what have I done?

Letting the days go by, let the water hold me down
Letting the days go by, water flowing under ground
Into the pool again, after the money’s gone
Once in a lifetime, water flowing under ground

Same as it ever was, same as it ever was........

Coconut

注:日本のコピーは参照のために公正である
SPONSORED

ファンタジアの機密ゲットー の歌詞 (Fantasia's Confidential Ghetto の歌詞和訳)



1999

これを書いたとき、私が夢見ていた、道に迷って行く場合、私を許して
覚めた時今朝は宣誓は審判の日だった
空はどこにでも実行している人がいたすべては紫だった
Theyre の破壊、および no から実行しようとしても気にしませんでした。
彼らは言う 2千ゼロ ゼロ以上おっと時間外のパーティー
だから、今夜はのようなパーティーつもりだそれは 1999年の
彼らが言う 2千ゼロ ゼロ、党の oop 時間以上
だから、今夜イムつもり泣くようなそれは 1999年の

一生に一度

時間は私たちを保持ではない、私たちの後の時間ではないです。
時間は私たちを保持ではない、私たちの後の時間ではないです。
行く日をさせるで行く日をさせるため、
行く日をさせるで行く日をさせます。
あなた自身の小屋と小屋に住むかもしれません
世界の別の部分に自身を見つけるかもしれない
大型自動車のホイールの後ろに自身を見つけるかもしれない
あなたは美しい妻と美しい家には、自身を見つけるかもしれない
ここに来るどのように自分自身を求めることができます。

行く日をさせることができます私を押した水
地面の下を流れる水で行く日をさせる
もう一度、プールにお金は逝ってしまった後
一生に一度の水は地面の下を流れる

この家はあなたの自己を求めることができます。
この高速道路はどこへ行くあなた自身に尋ねることがあります。
四十三あなた自分で午前私は正しいか間違っています。
あなた自身に尋ねることがあります私の神は、私が行っているか。

行く日をさせることができます私を押した水
地面の下を流れる水で行く日をさせる
もう一度、プールにお金は逝ってしまった後
一生に一度の水は地面の下を流れる

同じそれが今まで、それまでと同じだった.

ココナッツ

注: 歌詞すべては所有者の特性そして版権である。歌詞は教育の目的のみで掲載されています。
SPONSORED

洋楽掲示板

Pm Dawn の歌詞

人気への歌词