あなたの位置: ホーム(トップページ) | Hazel O'connor ( Hazel Oconnor ) の歌詞 | Fighting Back の歌詞 (歌詞和訳)

Fighting Back の歌詞




芸術家(アーティスト) Hazel O'connor ( Hazel Oconnor )

歌詞和訳(日本語和訳)
SPONSORED
Hazel O'Connor was born in Coventry, England. The years before she shot to fame with the film "Breaking Glass" were eventful to say the least - see Hazel's autobiography "Hazel O' Connor Uncovered Plus - Proteus Publishing Ltd. 1981 ISBN 0 906071 81 X for full details. As Hazel wrote in the introduction note of the programme for a gig at "At My Place" in Santa Monica, LA in 1989 "I ran away from my home in Coventry when I was 16.....made and sold clothes in Amsterdam, picked grapes in France, joined a dance troupe that went to Tokyo then onto Beirut (escaping the start of the civil war by one month!) traveled West Africa, crossed the Sahara, sang with a dreadful singing trio for the U.S. troops in Germany and came home to "settle down". Through all this experience of life and the world I realized that singing always cheered me up. I decided to be a singer. Through strange turns of fate I ended up in a film called 'Breaking Glass' I also ended up writing all the songs for the movie"

In 1980, her performance as Kate in Breaking Glass won Hazel the Variety Club of Great Britain Award for 'Best Film Actor' and BAFTA nominations for 'Best Newcomer' and 'Best Film Score.' The album of the same name went Gold and was number 5 in the UK charts for 28 weeks and produced several hit singles, the most successful being the haunting 'Will You'

Subsequent albums include Sons and Lovers, Cover Plus, Smile, Live and Kicking in LA, To Be Freed, Over The Moon.....Live, Private Wars and Five in the Morning. Legal battles plagued Hazel from the early 1980's - in her own words "I became famous, then had a load of court battles to fight against my first record company, I was ripped off, torn up and spat out by the machinery of 'Showbiz'" However, despite the hassles, Hazel continued to record and to play live, touring the UK, Ireland, Europe and the USA with her band, and continuing her career as an actor.

She has made numerous TV appearances, starring in Jangles on British television and in 1986 playing the lead role of Vivienne in the critically acclaimed Fighting Back. She also played a singer in an episode of Prospects on Channel 4.

Her theatre work includes One Flew Over the Cuckoo's Nest at the Royal Exchange, Manchester, Nightshoot at the Tricycle Theatre, London, Girlfriends at the Playhouse, London, Swing Out Sister, her own production, at the Riverside Studio, London,The Raven Beckons at the Riverbank Theatre, Dublin and The Cuchulain Cycle at the Riverside Studio, London

Hazel now lives happily in Ireland.

注:日本のコピーは参照のために公正である
SPONSORED

戦い の歌詞 (Fighting Back の歌詞和訳)



ハシバミのO'Connor はコベントリ、イギリスで生まれた。最少を言うために彼女がガラス"を壊すフィルム" との名声に撃った年は前に多忙- と覆いを取られるハシバミの自叙伝"ハシバミO ' カナーを見なさい- 株式会社を出版するプロテウス菌だった。1981 年のISBN 0 詳細のための906071 81 X 。ハシバミが"サンタモニカの私の場所" のギグのためのプログラムの導入のノートにで書いたように、1989 年にLA 私が16. 才だった時"私がコベントリの私の家から動かした。。。。アムステルダムの作られ、販売された衣服、1 か月までに内戦の開始を脱出するベイルートに東京に行ったダンスの一団結合されるフランスの選ばれたブドウ(!) サハラ砂漠交差した移動された西のアフリカはドイツの米国の軍隊のための恐ろしい歌うトリオと歌い、起点に"解決する" 来た。生命及び世界のすべてのこの経験によって私は歌って常に私を元気づけたことをわかった。私は歌手であることにした。私がフィルムで' 呼ばれたガラスの私を壊すことまた終えた運命の奇妙な回転によって1980 年のガラスによって勝たれたハシバミの破損のKate として彼女の性能に映画のために歌すべてを"

書くことの上で' 最もよい映画俳優' のためのイギリス賞の変化クラブ終わり、' 最もよい新来者' および' 最もよいフィルムスコア' のためのBAFTA の指名は同じ名前金のアルバム行き、28 週間イギリスの図表の第5 、そして複数を衝突選抜する、巧妙な通うこと' であること'
{P 作り出した} それに続くアルバムは息子及び恋人を含んでいる、カバーはと、微笑、住み、月に、放されるために、LA で蹴る。。。。朝の生きている、私用戦争そして5 。1980 年代初期からの法廷闘争の苦しめられたハシバミ"私は- 彼女の自身の単語で…有名になり、そして私の最初レコード会社に対して戦うべき法廷闘争の負荷を私裂け、引き裂かれ、そしてしかし口論、生きている有し、彼女のバンドおよび彼女のキャリアを続けることのイギリス記録し、し、続けたハシバミをにもかかわらず' Showbiz ' の機械類" によって吐かれ、アイルランド、ヨーロッパおよび米国を俳優として旅行する。

彼女は多数のTV の顔を見せた、主演はイギリスのテレビでそして批判的に絶賛された戦いに於いてのVivienne の先導的な役割を担う1986 年にJangles 。彼女はまたチャネル4 の見通しのエピソードの歌手を演じた。

彼女の劇場の仕事は川岸のスタジオ、ロンドンで高貴な交換でかっこうの巣、マンチェスター、三輪車の劇場のNightshoot 、ロンドンのプレイハウス、ロンドンの彼女の自身の生産、姉妹からの振動のガールフレンドに1 つを飛んだ、含んでいる、ワタリガラスはRiverbank の劇場、ダブリンで招き、川岸のスタジオ、ロンドン

ハシバミのCuchulain 周期はアイルランドに今幸福に住んでいる。

注: 歌詞すべては所有者の特性そして版権である。歌詞は教育の目的のみで掲載されています。
SPONSORED

洋楽掲示板

Hazel O'connor ( Hazel Oconnor ) の歌詞

人気への歌词