あなたの位置: ホーム(トップページ) | Beatles の歌詞 | First Of All...it Didn't Do A Thing Here [interview] - Paul Mccartney の歌詞 (歌詞和訳)

First Of All...it Didn't Do A Thing Here [interview] - Paul Mccartney の歌詞




芸術家(アーティスト) Beatles

歌詞和訳(日本語和訳)
SPONSORED
This band is about reaching as many people as we can. It’s not about being cool or being above anyone else - it’s about connecting with people.’ - John McDaid, Vega 4

Somewhere in the farthest reaches of our galaxy, a star called Vega is growing stronger and brighter with every passing minute. In time, the older stars will burn out and Vega will outshine them all, ultimately becoming the brightest light in the night sky. Astronomers disappointingly predict that we’ll have to wait about 12,000 years for this to happen, but meanwhile here on earth, there’s another Vega hoping to achieve recognition a little faster.

Vega 4 are a band with a mission: to write songs that glimmer with sentiment and meaning, songs which they hope will inspire us all to live our dreams. Vega 4 are not chancers eager to score a chart hit and hit the celebrity circuit, nor are they indie underachievers fearful of the very success they crave. Vega 4 are committed to something far more substantial - the sheer emotional power of music. Here is a band who truly believe that music can touch, and even change lives.

Vega 4 are four individuals with wildly different backgrounds and influences intersecting and finding a common purpose. They boast an Irishman (glinty-eyed singer John McDaid), a Canadian (drummer Bryan McLellan), a New Zealander (guitarist Bruce Gainsford) and an Englishman (bass player Simon Walker). Accordingly, their ambitions are global. In September 2000 they signed to Taste Media (the home of Muse), who subsequently secured deals for the band with Capitol Records for North America; Na?ve for France; Motor Music for Germany, Austria and Switzerland; Play It Again Sam for Benelux and Festival Mushroom for Australia and New Zealand - with the intention of taking the Vega 4 sound to the four corners of the world.

‘I remember sitting in maths class with a walkman hidden up the sleeve of my blazer, hearing Radiohead’s ‘Drill EP’ for the first time, and it blew me away. I didn’t know what to think. I just kept rewinding and rewinding, and thinking, ‘This is going to change music - it has so much passion and energy, it’s real!’ When kids listen to music it affects their lives. It doesn’t matter if it’s Pavement or REM or the Strokes or us, as long as it touches something in them and reaches them, then it’s done its job. I really think that we are going to do that to people. If we give one person shivers down their spine, I’ll know we’ve succeeded.’ - John

Vega 4 first came together in 1999. John had come to London from Derry in Northern Ireland when he was 17 (after learning his guitar skills from The Undertones’ John O’Neil), looking for kindred spirits. After spending a few years playing cover versions in half-empty pubs and busking in Leicester Square, he met Simon, a refugee from a series of London bands who was also seeking a new and special sound. They shared a flat for six months, writing songs together every day, John remembers, ‘talking about our woes and misery and how we were going to get out of it,’ and searching for able-bodied bandmates. First they found Bruce, who added a brooding Fugazi-loving intensity to their optimistic melodies, and then Bryan (described by Simon as a ‘very Led Zep drummer’), who had recently ditched a burgeoning business career in favour of professional percussion

‘The first time we all played together,’ John remembers, ‘there was this amazing chemistry. It was just the four of us standing in a room facing each other and from the first note it was magic - we didn’t speak, and didn’t stop playing for an hour. We all felt like, ‘This is it. This is where the adventure begins.’ So far, it's proved to be quite a journey.

After being spotted by Taste they recorded a four-song demo (‘Caterpillar EP’) which was sent out to US labels just before their stellar performance at CMJ in 2000. When the band arrived in New York, they were shocked to find themselves the subject of an enthusiastic industry buzz and subsequent A&R tussle. That December, they signed with Capitol on top of the World Trade Center in suitably triumphant fashion, running across the observation deck waving a contract and a bottle of champagne.

The recording of their debut album, ‘Satellites’, took them back to New York for pre-production, then to the legendary Sawmills Studio on a remote Cornwall island, where they sequestered themselves for six weeks. Having completed the bulk of the album there with John Cornfield (Supergrass, Bluetones), they set off for Los Angeles, where they recorded four tracks with American producer Ron Aniello (Lifehouse) at Sunset Sound. Two of those tracks were done in the last room The Beatles ever recorded in together, the other two at Rumbo Studios where Guns ’n’ Roses recorded ‘Appetite For Destruction’. Auspicious, indeed. ‘We named the album ‘Satellites’,’ John explains, ‘because we love the idea that everything is linked to everything else, that six degrees of separation idea. We’re all inter-connected. We’re all revolving around each other. Everyone in the world. It’s like a domino effect - one person influences another person who then influences another person. ‘Satellites’ is about that, and the songs on the album wouldn’t exist one without the other. It’s really important to us that we feel constantly connected to everyone else. We’re not removing ourselves, we’re not losing anybody by doing this. This is about having a dream, and it’s about telling everybody that it’s okay to have that dream.’ Simon nods, ‘I think that we’ve written the kind of songs that will be the soundtrack to people’s lives, and that hopefully they will remember forever.’

‘It’s so amazing to be in a band. I hate reading interviews with people who moan about it - if that’s the way they feel, they should go and get another job. It would be easy for me to adopt an attitude of nonchalance just to be cool, but is that fair? Is it fair for me to give you one thing on the record and another thing here? I don’t think so. The people I looked up to when I was a kid certainly weren’t faking it. The last thing that I want to be is elitist, but I do want to separate us from the fakers. I’ll bet you a night at the bar that we’re not faking it.’ - John

With a diverse, powerful debut album under their belts, Vega 4 are ready for all the hard work that lies in store for them. They’ve already made a huge splash in Europe, where they recently found capacity crowds euphorically singing along with them. A cross-section of their song titles says it all - ‘Radio Song’, ‘Sing’, ‘Hallelujah’ - Vega 4 are ambitious and determined, with visions of arenas dancing in their heads. ‘There’s a great feeling in this band that absolutely anything is achievable,’ Simon says. ‘I truly believe that there’s nothing you can’t do if you really put your mind to it. We want to reach for the top, make everything brilliant.’

Vega 4’s dreams will undoubtedly be fulfilled. After all, it’s written in the stars.

注:日本のコピーは参照のために公正である
SPONSORED

最初にすべての。。それは事を[ インタビュー] - ポールMccartney ここにしなかった の歌詞 (First Of All...it Didn't Do A Thing Here [interview] - Paul Mccartney の歌詞和訳)



このバンドは同様に多くの人々に達することについて私達ができるとある。それは涼しいまたはだれでもの上のであることについて- ' 人々との接続についてある- ジョンMcDaid 、Vega 4

どこかに私達のギャラクシーの最も遠い範囲で他にない、Vega と呼ばれる星はあらゆる渡る分とより強く、より明るく育っている。時間では、より古い星は燃え、その間私達が起こるために約12 、これのための000 年を待たなければならないがここに地球に、認識を達成することを望むもう一つのVega が少しより速いのあることをVega はそれらをすべてoutshine 、最終的に夜空の天文学者の最も明るいライトにがっかりするほど予測するなる。

Vega 4 は代表団のバンドである: 感情及び意味とかすかに光る歌を書くためには、望む歌は私達をすべて私達の夢住むように促す。Vega 4 は当られる図表を記録し、名声回路に当ること熱望したchancers でないそれらは懇願するまさに成功の恐ろしいindie の成績不良生ある。Vega 4 は相当な何かにはるかに- 音楽の薄く感情的な力託される。ここに音楽は触れることができる信じ生命を変えるバンドはある偽りなく。

Vega 4 は共通の目的を横断し、見つける乱暴に異なった背景および影響の4 つの個人である。彼らはIrishman (ジョンMcDaid glinty glinty-eyed 歌手) 、カナダ人(Bryan McLellan ドラマー) 、ニュージーランド人(guitarist ブルースGainsford) およびイギリス人(低音プレーヤーのサイモン歩行者) を自慢する。それに応じて、野心は全体的である。9 月2000 日では続いて北アメリカのための国会議事堂の記録が付いているバンドのための取り引きを保証した媒体(MUSU の家) を味わうために彼らは署名した; フランスのためのNa?ve; ドイツ、オーストリアおよびスイス連邦共和国のためのモーター音楽; - 世界の4 つのコーナーにVega 4 の音を持って行くことの意思を用いる…それをオーストラリアそしてニュージーランドのベネルクス三国そして祝祭のきのこのためのSam 再度しなさい。

数学に坐ってRadiohead の` のドリルのEP を' はじめて聞く私のブレザーの袖の上に隠れるwalkman と分類し私を離れた吹いたことを私が覚えている` 。私は何を考えればいいか知らなかった。私はちょうど巻き戻し、巻き戻し、そして考え続けた` はこれ音楽を変える行っている- 情熱をそんなに有し、エネルギー、である実質!' 子供が音楽を聞くとき彼らの生命に影響を与える。それはそれらの何かに触れ、それらに達する限り舗装またはレムまたは打撃または私達、それからそれされれば仕事なら重要でない。私は実際に私達が民を住まわせるためにそれをしようと思っていると考える。私達が与えれば1 人は彼らの脊柱の下で私達が' 成功したことを、私知っている震える- ジョン

Vega 4 は1999 年に最初に一緒に来た。ジョンは気の合う者同士を捜す北アイルランドのDerry からロンドンに彼が17 才である前に(低調のジョンO'Neil からの彼のギターの技術を学んだ後) 来た。半分空のパブのカバー版をし、レスタースクエアでbusking 少数の年を使って後彼はサイモンのまた新しく、特別な音を追求していたロンドン一連のバンドからの避難者に会った。それらは私達がいかに捜していたか毎日歌一緒に書く6 か月間平たい箱を私達の悲哀述べているジョンを覚えている、` および悲惨さ及び' それから出ようと思って、適任のbandmates を共有した。最初に彼らは次に彼らの楽観的なメロディーに卵を抱くFugazi 愛情のある強度を加えた、(` の非常に導かれたZep のドラマーとしてサイモンが' 記述している) 専門の打楽器

を支持して最近burgeoning ビジネスキャリアに溝を堀ってしまったBryan 、最初の` 私達は完全に、' ジョン覚えている、そこの` だったこのすばらしい化学一緒に遊んだブルースを見つけ。部屋の表面仕上げに互いを立てている私達のちょうど4 時であり、最初のノートから魔法だった- 私達は話さなかったし、1 時間遊ぶことを止めなかった。私達はすべてのように、これによってがそれである` 感じた。これは、それ旅行かなりであると証明される冒険が' 今のところ始まるところである。

Taste によって斑点を付けられることの後にそれらは4 歌のデモ(`Caterpillar EP を' 記録した) 2000 年にCMJ の星の性能の直前の米国のラベルに送出された。バンドがニューヨークで着いたときに、彼ら自身が見つけるように彼らはtussle 熱狂的な企業のぶんぶん言う音およびそれに続くA&R の主題衝撃を与えられた。その12 月、彼らはシャンペンをの契約そして1 本振る展望台を渡って走る適切に勝ち誇った方法の世界貿易センターの上に国会議事堂と署名した。

デビューアルバム、` 衛星の録音は6 週間彼ら自身を隔離したCornwall の遠隔島の伝説の製材所のスタジオに前生産のためのニューヨークに、それらを、そして連れて行った。アルバムの大部分をジョンのとうもろこし畑(Supergrass 、Bluetones) とそこに完了して、彼らは日没の音にアメリカの生産者Ron Aniello (Lifehouse) が付いている4 つのトラックを記録したロスアンジェルスのために引き起こした。それらのトラックの2 つはBeatles が一緒に記録した最後の部屋、ばら銃' n ' が破壊のための` の食欲を' 記録したRumbo のスタジオの他の2 でされた。幸運、全く。私達がアルバム` 衛星を、' ジョン示した` は私達がすべてが他にすべてにつながる考えを愛するので、` 説明する、こと分離の考えの6 つのある程度。私達はすべて相互に連結される。私達は互いのまわりで回転しているすべてである。世界の皆。それはドミノ効果- もう一人人に影響を及ぼす1 人の影響のようもう一人人である。` 衛星はそれについてあり、アルバムの歌は1 冊他なしのない。それは私達が皆に絶えず接続されて感じること私達にとって実際に重要である。私達は私達自身を、私達誰でもこれをすることによって負けていない取除いていない。これは夢を持っていることについてあり、それが夢' サイモン、私達はうまく行けばバンドにであるために' が
{P 永久に覚え} 人々の生命へサウンドトラックである、` それとてもすばらしい一種の歌を書いたと私が考える` うなずくこと持つことは良い皆にについての告げている。私は- それが感じる方法ならそれについて呷く人々とのインタビューを読むことを憎む、別の仕事を取りに行くべきである。それ涼しいためにnonchalance の態度をちょうど採用して私のために容易だったがそれは公平であるか。それは記録の1 つの事および別の事をここに与える私のために公平であるか。私はそう考えない。私が子供確かに偽造していなかったそれをだったとき私が見たまで人々。あって私によってがほしい最後の事はエリート、私fakers から私達を分けたいと思うであるが。私は棒で夜私達がそれを' 偽造していないこと賭ける- 彼らのベルトの下の多様で、強力なデビューアルバム、Vega 4 を持つジョン

それらのための店にあるすべてのハードワークの準備ができている。それらは既に最近満員の観客をeuphorically それらと共に歌うことを見つけたヨーロッパの巨大なしぶきを作ってしまった。歌のタイトルの横断面は言うすべて- ` の無線の歌は' 、` ' 、` のHallelujah ' 歌う- Vega 4 頭部で踊る競技場の視野と意欲的、断固とした、であることを。そこの` は絶対に何でも達成可能のこのバンドの大きい感じ、' サイモン言うである。それに実際にあなたの心を置けばあなたがすることができない何もない` I は偽りなく信じる。私達はさせるすべてを' 華麗に
{P 上のために達したいと思う} Vega は4 の夢確実に達成される。結局、それは星に書かれる。

注: 歌詞すべては所有者の特性そして版権である。歌詞は教育の目的のみで掲載されています。
SPONSORED

洋楽掲示板

Beatles の歌詞

人気への歌词