Fog's Kiss の歌詞 和訳 (霧の接吻) - 芸術家(アーティスト)Sacramentum
あなたの位置: ホーム(トップページ) | Sacramentum の歌詞 | Fog's Kiss の歌詞 (歌詞和訳)

Fog's Kiss の歌詞




芸術家(アーティスト) Sacramentum

歌詞和訳(日本語和訳)
SPONSORED
(Music: Brolycke, Rudolfsson
Lyrics: Karlen)
I was seduced by the moon
when I wondered through my thoughts
On the path to my dreams of unholyness,
an everenfolding milky fog appeared
from the grounds beyond.
Cold white fog kissed and caressed,
and I felt the attraction in wickedness.
As I fell throught the dreamy wet cloud
pain was no more nor fear or sorrow
I slept in hypnotic and hysterious sleep,
I could see and hear through the night.
I had burning candles inside my eyes,
I could smell the purity of innocent blood.
I was no longer one of the mortal ones,
Blessed by the mists of darkened realms,
destined to join the force of eternity.
The fog from beyond had lift my soul.
I'm in the air and I'm in the water,
I'm in the earth and I'm in the fire.
I laugh at the helpless mortals
as I leave the grounds forever.
I entered my space beyond
where fragments of my dreams were hidden,
the dark left me on the shore
to eternitys majestic domains.
I slept in hypnotic and hysterious sleep,
I could see and hear through the night.
I had burning candles inside my eyes,
I could smell the purity of innocent blood.

注:日本のコピーは参照のために公正である
SPONSORED

霧の接吻 の歌詞 (Fog's Kiss の歌詞和訳)



(音楽: Brolycke のRudolfsson
叙情詩: Karlen)
私は月
、によって私が道の私の思考
によってunholyness の私の夢に疑問に思ったときに
seduced everenfolding 乳白色の霧は
現われた向こう地面から。
接吻され、愛撫された冷たく白い霧
および私は邪悪の魅力を感じた。
私がthrought 夢みるようなぬれた雲
苦痛がこれ以上でなかったころんだので恐れか悲哀
私は催眠性で眠り、hysterious 睡眠、
夜によって見、聞くことができる。
私は私の目の中の非常に熱い蝋燭を、
私無実の血の純度をかぐことができる有した。
私は死を免れなな物の1 才、
永遠の力を結合するために運命暗くされた王国の霧によって賛美されて、
もはやでなかった。
持たれていた上昇を越えるからの霧私の精神。
私は空気にあり、水にある、
私は地球にあり、火にある。
私は私が地面を永久に残すように困っている人間
嘲笑する。
私は私の夢の片が隠れたところ私のスペースを

向こう書き入れた暗い左eternitys の荘重な範囲への海岸
の私。
私は催眠性で眠り、hysterious 睡眠、
夜によって見、聞くことができる。
私は私の目の中の非常に熱い蝋燭を、
私無実の血の純度をかぐことができる有した。

注: 歌詞すべては所有者の特性そして版権である。歌詞は教育の目的のみで掲載されています。
SPONSORED

洋楽掲示板

Sacramentum の歌詞

人気への歌词