あなたの位置: ホーム(トップページ) | ARCTIC MONKEYS の歌詞 | From The Ritz To The Rubble の歌詞 (歌詞和訳)

From The Ritz To The Rubble の歌詞




芸術家(アーティスト) ARCTIC MONKEYS

歌詞和訳(日本語和訳)
SPONSORED
Last night these two bouncers
And one of em's alright
The other one's the scary one
His way or no way, totalitarian
He's got no time for you
Looking or breathing
How he dosen't want you to
So step out the queue
He makes examples of you
And there's nowt you can say
Behind they go through to the bit where you pay
And you realize then that it's finally the time
To walk back past ten thousand eyes in the line
And you can swap jumpers and make another move
Instilled in your brain you've got something to prove
To all the smirking faces and the boys in black
Why can't they be pleasant?
Why can't they have a laugh?
He's got his hand in your chest
He wants to give you a duff
Well secretly I think they want it all to kick off
They want, arms flying everywhere and
Bottles as well it's just
Something to talk about
A story to tell you

Well I'm so glad they turned us all away we'll put it down to fate

I thought a thousand million things that I could never think this morning

Got too deep, but how deep is too deep?

This town's a different town today
This town's a different town to what it was last night
You couldn't have done that on a Sunday

That girl's a different girl today
That girl's a different girl to her you kissed last night
You couldn't have done that on a Sunday

Last night what we talked about
It made so much sense
But now the haze has ascended
It don't make no sense anymore

注:日本のコピーは参照のために公正である
SPONSORED

Ritz から荒石への の歌詞 (From The Ritz To The Rubble の歌詞和訳)



昨晩この2 人の警備員
及び申し分なくem's の1 つ
他恐い1
彼の方法または全体主義方法
彼は彼はdosen't いかにほしいと思うか見ているあなたの時間が
または呼吸するあり

従って列
からのステップ彼はあなたの例を作る
及びあなたが言うことができるnowt がある
それがライン{の10,000 の目を過ぎて歩く時期
P は最終的にであることを後ろ支払うビットに行く
及びそれからわかるそしてジャンパーを交換し、気持が良いなぜ場合もないかあなたが黒
のすべてのsmirking 表面そして男の子に
証明することを何かを持っているあなたの頭脳で浸透する別の移動
することができるか。
それらはなぜ笑いを有してはいけないか。
彼はあなたの箱の彼の手を持っている
彼がduff
井戸を与えたいと思うよく言うために何か
A の物語述べることを公正

{P であるので} それらはそれにすべてほしい、どこでも飛ぶ腕
蹴ってほしい及び
びんことを秘密に私が考える私健康ある従って嬉しいすべてを私達が運命
{P におろすために置く} それを離れている私達を回した私が決して
{P は} 今朝考えることができないことI は千,000,000 の事を考えた余りに深く得られる、深くかいかに余りに深いがあるか。

別のこのそれが
昨晩だったものをへの町は町その女の子今日
この町の別の町あなたが昨晩
日曜日
{P のそれをしたにちがいない接吻した} 彼女に今日女の子
その女の子の別の女の子別の日曜日
{P したにちがいない} のそれを私達が
それそんなに成していた意味
述べていたが、何を昨晩今霞はそれ
もう成していない意味を上昇しなかった

注: 歌詞すべては所有者の特性そして版権である。歌詞は教育の目的のみで掲載されています。
SPONSORED

洋楽掲示板

ARCTIC MONKEYS の歌詞

人気への歌词