あなたの位置: ホーム(トップページ) | Mike Oldfield の歌詞 | Hiawatha’s Departure の歌詞 (歌詞和訳)

Hiawatha’s Departure の歌詞




芸術家(アーティスト) Mike Oldfield

歌詞和訳(日本語和訳)
SPONSORED
By the shores of gitche gumee,
By the shining big-sea-water,
At the doorway of the wigwam,
In the early summer morning,

Hiawatha stood and waited.
All the air was full of freshness,
All the earth was bright and joyous,
And before him, through the sunshine,

Westward toward the neighboring forest
Passed in golden swarms the ahmo,
Passed the bees, the honey-makers,
Burning, singing in the sunshine.

Bright above him shone the heavens,
Level spread the lake before him
From it’s bosom leaped the sturgeon,
Sparkling, flashing in the sunshine

On it’s margin the great forest
Stood reflected in the water,
Every tree-top had it’s shadow,
Motionless beneath the water.

From the brow of hiawatha
Gone was every trace of sorrow,
As the fog from off the water,
As the mist from off the meadow.

With a smile of joy and gladness,
With a look of exultation,
As of one who in a vision
Sees what is to be, but is not,

Stood and waited hiawatha.
Toward the sun his hands were lifted,
Both the palms spread out toward it,
And between the parted fingers

Fell the sunshine on his features,
Flecked with light his naked shoulders,
As it falls and flecks an oak-tree
Through the rifted leaves and branches.

O’er the water floating, flying,
Something in the hazy distance,
Something in the mists of morning,
Loomed and lifted from the water,

Now seemed floating, now seemed flying,
Coming nearer, nearer, nearer.
Was it shingebis the diver?
Or the pelican, the shada?

Or the heron, the shuh-shuh-gah?
Or the white goose, waw-be-wana,
With the water dripping, flashing,
From it’s glossy neck and feathers?

It was neither goose nor diver,
Neither pelican nor heron,
O’er the water floating, flying,
Through the shining mist of morning,

But a birch canoe with paddles,
Rising, sinking on the water,
Dripping, flashing in the sunshine
And within it came a people

(the son of the evening star)

Can it be the sun descending
O’er the level plain of water?
Or the red swan floating, flying,
Wounded by the magic arrow,

Staining all the waves with crimson,
With the crimson of it’s life-blood,
Filling all the air with splendor,
Filling all the air with plumage?

Yes it is the sun descending,
Sinking down into the water
All the sky is stained with purple,
All the water flushed with crimson!

No it is the red swan floating,
Diving down beneath the water
To the sky it’s wings are lifted,
With it’s blood the waves are reddened!

Over it the star of evening
Melts and trembles through the purple,
Hangs suspended in the twilight,
Walks in silence through the heavens.

注:日本のコピーは参照のために公正である
SPONSORED

ハイアワサの出発 の歌詞 (Hiawatha’s Departure の歌詞和訳)



Gitche gumee の海岸では、
輝く大きな-海水によって、
ウィグワムの戸口には、
初夏の朝

ハイアワサ立って、待っていた。
すべての空気の新鮮さでいっぱいだった、
すべての地球は、明るく、楽しいだった、
彼は太陽の光を前に

近隣の森林に向かって西進
黄金の大群で、ahmo を渡される、
ミツバチ、蜂蜜メーカー渡されると、
書き込み、日差しの中で歌います。

ブライト彼の上は天に輝いていた、
彼の前に湖のレベルの普及
それの懐からチョウザメを跳び、
スパーク リング、太陽の光を点滅

大きな森をマージンがで
水の反射に立っていた
すべてのツリーのトップの影を持っていた、
水の下に動かず。

ハイアワサの額から
去りぬは、悲しみの跡だった、
沖水からの霧として
草原からの霧のよう。

喜びと喜びの笑みを浮かべて
歓喜の表情で、
現在 1 人のビジョンで
しかし、ないものであることを見て、

立って、ハイアワサを待っていた。
太陽に向かって彼の手が解除された、
それに向かって広がっての両方の手のひら
別れの指の間

サンシャイン彼の機能の上に落ちた、
光と点々 と彼の裸の肩、
それは滝し、オークの木 flecks
Rifted の葉と枝を介して。

浮遊、飛行、水の o '' er
何かかすんでの距離では、
何かの朝の霧で、
間近に迫って、水からの解除

今今飛んでいるように見えた浮動、ように見えた、
近い、近い、近い来る。
Shingebis ダイバーでしたか?
または、ペリカン、パーム グローブ?

ヘロン、助教授西川周助教授西川周ーんか。
または、白いガチョウ、ワーウがワナ、
点滅、水の滴る、
それからは、光沢のあるネックと羽ですか?

それはガチョウもダイバーだった、
ペリカンもヘロン
浮遊、飛行、水の o '' er
輝く朝の霧は、

しかし、バーチ材カヌーのパドルで、
水に沈んで、上昇、
滴下、太陽の光を点滅
内は人になった

(夜の星の息子)

それは沈むことができます。
水のレベルのプレーンの o '' er ですか?
または、赤の白鳥、飛んで浮動、
魔法の矢印で負傷、

深紅のすべての波を染色、
それの活力の真紅
すべての空気の素晴らしさと充填、
羽毛と、すべての空気を充填?

はい、それは降順、太陽は、
が水に沈む
すべての空が紫のステンド グラスです、
すべての水は、クリムゾンとフラッシュ !

フローティング赤スワンでもない、
ダウンの下に水のダイビング
それの翼を持ち上げた、空に
それの血では波赤くなったです !

それ以上の星の夜
融液し、紫を通じて震え、
ハング、ミステリーで中断
天を沈黙の散歩。

注: 歌詞すべては所有者の特性そして版権である。歌詞は教育の目的のみで掲載されています。
SPONSORED

洋楽掲示板

Mike Oldfield の歌詞

人気への歌词