あなたの位置: ホーム(トップページ) | U2 の歌詞 | Indian Summer Sky の歌詞 (歌詞和訳)

Indian Summer Sky の歌詞




芸術家(アーティスト) U2

歌詞和訳(日本語和訳)
SPONSORED
In the ocean
Cut, swim, deep the sky
Like there, I don't know why
In the forest, there's a clearing
I run there towards the light
Sky...
It's a blue sky

In the earth a hole dig deep, decide
If I could, I would
Up for air to swim against the tide
Hey, hey, hey
Up toward the sky
It's a blue sky

To lose along the way
The spark that set the flame
To flicker and to fade
On this the longest day

So wind blow through to my heart
So wind blow through my soul
So wind blow through to my heart
So wind blow through my soul
So wind blow through to my heart...

You give yourself to this the longest day
You give yourself, you give it all away

Two rivers run too deep
The seasons change and so do I
The light that strikes the tallest trees
Will light a way for I
Will light a way
Up toward the sky
It's a blue sky

To lose along the way
The spark that set the flame
To flicker and to fade
On this the longest day

So wind go through to my heart
So wind blow through my soul
So wind go through to my heart
So wind blow through my soul
So wind go through to my heart
So wind blow through my soul
So wind go through to my heart...

You give yourself to this the longest day
You give yourself, you give it all away

注:日本のコピーは参照のために公正である
SPONSORED

インド夏の空 の歌詞 (Indian Summer Sky の歌詞和訳)



、水泳切られる、海洋
では深くそこにのような空
、私は森林でなぜ
知らない、清算がある
私が軽い
空の方にそこに走る。。
それは穴の発掘潮
に対して空気のために私ができたら地球の青空

深く、決定する
、私
泳ぐちょっと、ちょっとである、ちょっと

の方にそれは
私の中心
従って風の打撃にこれで
最も長い日

従って風の打撃が明滅し、衰退するために炎
置きなさい火花を途中で失う青空

であるそう私の精神
そう風の打撃私の精神
そう風の打撃を通した私の中心
風の打撃に私の中心に。。

これにあなた自身に最も長い日を与える
あなたがあなた自身を与える、すべて離れた

2 本の川が
季節の変更を余りに深く動かし、従ってI
空の方に高い木
つけるI
のための方法をつける方法
打つライトそれを与える
それが
これで
明滅しには、衰退するために炎
置いた火花を途中で失う青空

である最も長い日

そう風は私の中心
に行く従って私の精神
による風の打撃従って風は私の中心{P 行く} に従って私の精神
による風の打撃従って風は私の中心{P 行く} に従って私の精神
による風の打撃従って風は私の中心に行く。。

これにあなた自身に最も長い日{、P を} あなたがあなた自身を与える与えるそれをすべて与える

注: 歌詞すべては所有者の特性そして版権である。歌詞は教育の目的のみで掲載されています。
SPONSORED

洋楽掲示板

U2 の歌詞

人気への歌词