あなたの位置: ホーム(トップページ) | Mariah Carey ( Carey Mariah ) の歌詞 | Mr. Dupri No Rap Radio Mix の歌詞 (歌詞和訳)

Mr. Dupri No Rap Radio Mix の歌詞




芸術家(アーティスト) Mariah Carey ( Carey Mariah )

歌詞和訳(日本語和訳)
SPONSORED
AT millennium's end, the hottest rapper in pop music is Jay-Z. Since the release of his quadruple-platinum Vol. II … Hard Knock Life, Jay-Z has had an incredible string of urban radio hits: "Can I Get a …," "Hard Knock Life," "Jigga What, Jigga Who," "Money, Cash" … the list goes on and on. And unlike many of today's most popular rap artists, he built an extensive catalog of hits before making his mark on the charts and enjoys underground respectability as well as mainstream acceptance.

Longtime rap fans may remember Jay-Z as an associate of the Jaz, who had a minor hit in 1988 with "Hawaiian Sophie." Before that, he was Shawn Carter, a young man from Brooklyn's Marcy Projects. Though Carter was a promising student, his wild behavior led him to a vocational high school in Brooklyn, where he met future stars Christopher Wallace (the Notorious B.I.G.) and Trevor Smith (Busta Rhymes).

As a young MC, Jay-Z appeared on several underground mix tapes, and his work with the Jaz appeared promising. But with bills to pay, Jay-Z increasingly found himself mired in the criminal underworld, a life he had known since the age of 16. It wasn't until 1992 that he found the courage to leave the life of a drug dealer behind him.

After his retirement from crime, Jay-Z began to look for a record deal as a solo artist, but only had a guest appearance on long-forgotten rap group Original Flavor's 1993 single "Can I Get Open" to show for his efforts. It wasn't until a friend, Roc-A-Fella CEO Damon Dash, convinced him to form a record company with him that Jay-Z's career finally got off the ground. Jay-Z released his first single through Roc-A-Fella in 1995, "In My Lifetime." It proved to be a hit in New York's fickle hip-hop scene, and helped Dash and Jay-Z secure a distribution deal for Jay-Z's debut, Reasonable Doubt.

Though it wasn't a huge seller, Reasonable Doubt confirmed Jay-Z's status as one of the most promising lyricists in years, a rapper who vividly portrayed the highs and lows of being a black gangster. It yielded two hits, "Can't Knock the Hustle" (with Mary J. Blige), and "Feelin' It." More importantly, it earned the admiration of veteran rap stars as varied as Ice Cube and the Notorious B.I.G., who joined Jay-Z on "Brooklyn's Finest," a vicious response to 2Pac's "Hit 'Em Up" single. A third hit, "Ain't No N****" (with Foxy Brown) found its way onto The Nutty Professor soundtrack.

The next year, Jay-Z and Dash negotiated a new distribution deal with Def Jam Records for Roc-A-Fella. The ascendant rapper had promised that Reasonable Doubt would be his only album, but he followed it up in 1997 with In My Lifetime, Vol. 1, a somber effort partly influenced by the murder of the Notorious B.I.G. Despite mixed reviews, the album entered the charts at No. 3, went platinum, and spawned two singles, "The City Is Mine" and "Sunshine" (with Babyface and Foxy Brown).

"I think 85 percent of it is solid," Jay-Z told Vibe magazine. "And that 85 percent was better than everybody else's album at the time."

That winter, Jay-Z was one of several opening acts on Puff Daddy's 1997 "No Way Out" tour. But conflicts with the tour's promoters led him to abandon ship soon after it began; instead, he decided to focus his energy on the fledgling Roc-A-Fella label and a straight-to-video film, Streets Is Watching. A short film about a group of hustlers in Brooklyn, Streets also served as a showcase for Roc-A-Fella artists like rapper Memphis Bleek, R&B duo Christion, and mix-tape star DJ Clue.

In the spring, Jay-Z and his growing stable of artists mounted a nationwide tour. Growing commercial and critical acclaim, coupled with the mainstream acceptance of hardcore rappers like DMX and Master P, made the summer of 1998 an excellent time for Jay-Z to achieve crossover success. The buzz began with a guest appearance on Jermaine Dupri's hit single "Money Ain't a Thing." Then, with help from former Cash Money Click member Ja Rule and Amil from Major Coinz, Jay-Z released the bouncy, upbeat "Can I Get a …" which went platinum-plus and made Jay-Z a major star. (It eventually appeared on the Rush Hour soundtrack.) And in the fall, he released his third LP, Vol. II … Hard Knock Life. It opened at the top of the Billboard charts and stayed there for five weeks.

"This whole thing, me reaching the zenith of my fame on my third album, it seems backward to other people, but this is how it's always been," Jay-Z reflected in Vibe. "People are looking for the sensational, and I'm just not that [person]." Despite his modesty, Jay-Z's Hard Knock Life dominated the winter charts, spawning several singles — the aforementioned "Can I Get a …" the platinum-selling title track, "Jigga What, Jigga Who," and "Money, Cash, Hoes." His vocals also graced other hit albums of the season such as DJ Clue's The Professional ("Gangsta S---"), Foxy Brown's Chyna Doll ("Bonnie and Clyde Pt. II"), and Timbaland's My Bio ("Lobster and Scrimp").

In 1999, Jay-Z joined his fellow Def Jam cohorts DMX, Method Man, Redman, and DJ Clue on the "Hard Knock Life" tour. He also drew some attention for threatening a boycott of the 1999 Grammy Awards (he was nominated for three). "I am boycotting the Grammy Awards because too many major rap artists continue to be overlooked," he told the Associated Press. Despite the comments, Jay-Z did accept his Grammy for Best Rap Album. Throughout the year, Jay-Z has continued to make news, whether donating the proceeds from a Denver performance to the families involved in the Columbine, Colo., tragedy; making guest appearances on several of the year's top rap hits (Ja Rule, Memphis Bleek, Ruff Ryders); or launching a fashion line, Rocawear.

The latter half of the year is shaping up to be a busy one for the former Mr. Carter. He sings the lead track "Girl's Best Friend" on the Blue Streak soundtrack (a film starring Martin Lawrence, who makes a cameo appearance in the song's video). Fans can also catch him on new releases by Puff Daddy and Mariah Carey. In September he's in the running for three MTV Video Awards — Best Rap Video, Viewer's Choice, and Best Video From a Film. Finally, the follow-up to Hard Knock Life, with the working title of Vol. III, is scheduled for a December release.


— Mosi Reeves

注:日本のコピーは参照のために公正である
SPONSORED

Dupri No Rap Radio 氏の組合せ の歌詞 (Mr. Dupri No Rap Radio Mix の歌詞和訳)



千年間の端に、ポップミュージックの最も熱い話し手はジェイZ である。ので彼の四倍プラチナVol. II がの解放... 堅いノックの生命、ジェイZ に都市無線衝突の信じられないい一連があった: "、" "お金によって、現金" が... リストどんどんと行くJigga 何私は... 、"" 堅いノックの生命、"" Jigga 得ることができる。そして今日の最も普及したラップ・スターの多数とは違って、彼は図表で彼の印を作る前に衝突の広汎なカタログを造り、主流の受諾と同様、地下の慣習を楽しむ。

長い間の叩く音ファンは"ハワイのSophie." との1988 年にマイナーな衝突がそれ前にあったJaz の仲間として、彼だったShawn カーターのブルックリンのMarcy のプロジェクトからの若者ジェイZ 覚えるかもしれない。カーターが有望な学生だったけれども、彼の野生の行動は彼が未来の星クリストファーウォーレス(悪名高いB に会ったブルックリンの職業高等学校に彼を導いた。I. G.) 及び韻Trevor スミス(Busta の) 。

若いMC として、ジェイZ は複数で地下の組合せテープだったようで、Jaz を彼の使は有望だったようである。しかし支払うべき手形とジェイZ はますます彼自身を刑事下層社会、彼が16 の年齢以来知っていた生命でmired 見つけた。それは1992 年まで彼が彼の後ろでドラッグ・ディーラーの生命を残す勇気を見つけたことでなかった。

罪からの彼の退職の後で、ジェイZ に単独の芸術家として記録的な取り引きを捜し始めたが"単一長忘れられていたラップグループの元の味1993 のゲスト出現が彼の努力のためのショーに開いている" なることができる私あったただ。それは友人、Roc Roc-A-Fella のCEO Damon のダッシュまでジェイZ のキャリアが最終的に飛びたったこと、彼を持つレコード会社を形作るように確信させた彼をなかった。ジェイZ は1995 年に彼の最初単一の直通のRoc Roc-A-Fella を解放した、"私の一生の間に" ニューヨークの気まぐれなヒップホップ場面の衝突であると証明し助けられたダッシュおよびジェイZ はジェイZ のデビュー、合理的疑いのための配分の取り引きを保証する。
{それが巨大な販売人でなかったけれどもP は年の最も有望な叙情詩人の1 人として} 、合理的疑いジェイZ の状態、鮮やかに黒いギャングであることの高低を描写した話し手を確認した。それは2 つの衝突をもたらした、"(メリーJ. Blige と) ハッスル" をたたくできないし、"Feelin ' それ" 重大に、角氷及び悪名高いB 色々なベテランのラップ・スターの賞賛を得た。I. "最も良いブルックリンのジェイZ を結合した" G. は2Pac's への不道徳な応答"それらにの上の" 選抜する当った。第3 衝突は、"N の****" (Foxy ブラウンと) 見つけたNutty 教授のサウンドトラックに方法をでない。

翌年、ジェイZ およびダッシュはRoc Roc-A-Fella のためのDef の込み合いの記録と新しい配分の取り引きを交渉した。上昇的な話し手は合理的疑いが彼の唯一にアルバムであるが、彼は私の寿命の間にと1997 年、Vol. 1 の部分的に影響を及ぼされた悪名高いB の殺害による憂鬱な努力にそれに続いたと約束した。I. G 。混合された検討にもかかわらず、アルバムは第3 で図表を、プラチナ行った入れ、産まれた2 つは選抜する、"都市私の物" は及び"日光" である(Babyface 及びFoxy ブラウンと) 。それの85 パーセントが固体、"ジェイZ によってVibe の言われる雑誌であることを

" 私は考える。"その85 パーセントは皆時間の他のアルバム"

よりよく、その冬、ジェイZ は行為複数の1 つパフのお父さん1997 年の"出口" 旅行の開始帰宅していなかった。しかし旅行の促進者との対立は始まった後彼を船をすぐに断念するために導いた; その代り、彼はひな鳥のRoc Roc-A-Fella のラベルに彼のエネルギーを焦点を合わせることにし、まっすぐにビデオフィルム、通りは見ている。短いフィルムはブルックリンのハスラー、またRoc Roc-A-Fella の芸術家のためのショーケースとして役立つ通りの約グループ話し手メンフィスBleek のR&B のデュオChristion を好み、星DJ の糸口を混合録音する。

ばねに、芸術家のジェイZ そして彼の成長の馬小屋は全国的な旅行を取付けた。商業及び批評家の称賛に育って、hardcore の話し手の主流の受諾とつながれて1998 年の夏にクロスオーバー成功を達成するジェイZ のための優秀なひとときをされるDMX 及びマスターP を好みなさい。ぶんぶん言う音は単一の"お金が事" ない現金お金のかちりと言う音のメンバーのJa の前の規則からの助けを用いるJermaine Dupri 衝突のゲスト出現から、始まり、主要なCoinz 、ジェイZ からのAmil は弾力があるの解放した、"なされたジェイZ がプラチナ主要な星行った私は..." 得ることができ、明るく。(それはラッシュアワーのサウンドトラックで結局現われ、) 落下に、彼は解放した彼の第3 LP 、Vol. II を... 堅いノックの生命。それは掲示板図表の上で開き、5 週間そこにとどまった。

"この何もかも全部、私の第3 アルバム、の私の名声の天頂に達している人々へに私後方にようであるが、これは、" Vibe に反映されるジェイZ 常にいかにあるかである。"人々は扇情的の捜して、私は公正ないことである[ 人] 。"彼の謙虚さ、ジェイZ の冬の図表支配される堅いノックの生命にもかかわらず複数を産むことは選抜する- ("Pt. II "Bonnie 及びクライド) 、及びTimbaland の私のBio 、" および"お金、現金、くわが" また彼のvocals DJ の糸口の専門のような季節の他の衝突アルバム("Gangsta S ---") 、Foxy ブラウンのChyna の人形に与えた何、Jigga 前述は"私" をJigga... "プラチナ販売のタイトルトラック得ることができる("イセエビ及び"はScrimp) 。

1999 年に、ジェイZ は彼の仲間のDef の込み合いのグループDMX 、"堅いノックの生命" 旅行の方法人、Redman 、およびDJ の糸口を結合した。彼はまた1999 年のグラミー賞のボイコットを脅す為の注意を引いた(彼は3 のために指名された) 。"私は余りにも多くの主要なラップ・スターが見落とされ続けるのでグラミー賞を" 彼言ったAP通信をボイコットしている。コメントにもかかわらず、ジェイZ は最もよい叩く音アルバムのための彼のGrammy を受け入れた。年中、ジェイZ はからColumbine 、Colo. の悲劇にかかわる家族寄付するどうかにニュースを、収入をデンバーの性能作り続けた; 年の上の叩く音の複数でゲストの顔を見せることは当る(Ja の規則、メンフィスBleek 、Ruff Ryders); または方法ラインを、Rocawear 進水させる。

後の半年はまでである前の氏のためのカーター使用中の1 形づいている。彼は青い縞のサウンドトラック(歌のビデオのカメオの顔を見せる) マーティンローレンスをの鉛のトラック"女の子で親友" を主演するフィルム歌う。ファンはまたパフのお父さん及びMariah Carey によって新しい解放の彼をつかまえることができる。9 月では彼は3 つのMTV ビデオ賞- 最もよい叩く音のビデオ、視聴者の選択、およびフィルムからの最もよいビデオのためのランニングにある。最終的に、Vol. III の働くタイトルの堅いノックの生命へのフォローアップは、12 月解放のために、予定される。


- Mosi は穴に通す

注: 歌詞すべては所有者の特性そして版権である。歌詞は教育の目的のみで掲載されています。
SPONSORED

洋楽掲示板

Mariah Carey ( Carey Mariah ) の歌詞

人気への歌词