あなたの位置: ホーム(トップページ) | Primus の歌詞 | Over The Electric Grapevine の歌詞 (歌詞和訳)

Over The Electric Grapevine の歌詞




芸術家(アーティスト) Primus

歌詞和訳(日本語和訳)
SPONSORED
They headed southward from san francisco,
To be with chuckles and the others.
With electric in the air and peroxide in their hair,
They looked like golden brothers.
They drove a datsun, an automatic,
The radio blaring static,
He made a face into the light and burst out laughing at the sight.
The hysteria ensuing would dominate the night.
From all the candy, the seats were sticky,
As they were drawn into the grapevine.
Then introduce yourself came on as they barreled through the gog.
The demon puffing madly on a mentholated log.
They were tired, they were sleepy,
So they parked behind the roxy.
Adam left to use the phone, so he sat there all alone,
When adam’s voice come beaming through on the radio,
He started laughing...

注:日本のコピーは参照のために公正である
SPONSORED

電気デマに の歌詞 (Over The Electric Grapevine の歌詞和訳)



それらはくすくす笑いとあるためにサンフランシスコから南方、
及び他先頭に立つ。
毛の空気そして過酸化物の電気と、
それらは金兄弟のように見えた。
それらはDatsun の自動を、
ラジオのblaring 空電運転し、
彼はライトに表面を作り、破烈し視力を嘲笑する。
続くヒステリーは夜を支配する。
すべてのキャンデーから、座席はデマに引かれたように粘着性があった、

それらがgog を通ってbarreled ようにそれからあなた自身を来た導入しなさい。
mentholated 丸太で猛烈に吹いている鬼。
それらは疲れていた、眠かった、
従ってroxy の後ろで駐車した。
電話を使用するためにアダムは去り従って彼は、
アダムの声が来るときラジオで発する、{P を} すべてに単独でそこに坐らせ彼は笑い始めた。。

注: 歌詞すべては所有者の特性そして版権である。歌詞は教育の目的のみで掲載されています。
SPONSORED

洋楽掲示板

Primus の歌詞

人気への歌词