あなたの位置: ホーム(トップページ) | Gabrielle の歌詞 | Ten Years Time の歌詞 (歌詞和訳)

Ten Years Time の歌詞




芸術家(アーティスト) Gabrielle

歌詞和訳(日本語和訳)
SPONSORED
Few, if any, British female artists stand for as much as Gabrielle. In musical terms, she's an award winning female singer-songwriter whose maiden single debuted at number one: a talent who finds it easy to marry the musical styles that have influenced her into a separate, distinctly accessible hybrid. And she's a Black British artist who has been accepted by the mainstream without losing the fans who made her first release an underground anthem.

Gabrielle's return with the appropriately titled 'Rise' follows a difficult time for her personally and creatively. The widely publicised reports concerning her ex-partner's criminal conviction threatened to overshadow her musical accomplishments [which on the basis of just two albums gave her two Brits, a MOBO and an American Music Award] not to mention her creative potential. But as her music attests - full as it is of optimism, romanticism, devotion and a keen survival instinct - you can't keep a good woman down.

'Rise' has re-established Gabrielle as one of the UK's most successful singer / songwriters. Both the single and the album have topped the UK charts with the latter now selling in excess of 600,000 copies in the space of three months. Gabrielle's success has led to Billboard calling her "the UK's hottest female artist".

"This album is a natural progression for me. I'm a person who will never allow myself to be put down by any circumstance or person," she says. Gabrielle hopes however, that listeners don't view the new album as a musical therapy session. Although the material possess an autobiographical element, it's not a diary of the last three years.

"Doing autobiographical music allows people to nosey into what I'm about, but that's how I've always written; a lot of my songs have been autobiographical, even in a round about way. I've always been able to write like that. It's not deliberate and it's not disloyal - it just happens. It's a case of "I'm feeling like this, so I'm gonna write about it."

You'll be more than happy with 'Rise'. It's packed with melody, sing-a-long vocals and sheer warmth. Collaborations with producers Johnny Dollar (Massive Attack, Neneh Cherry), Richard Stannard (The Spice Girls), Richie Fermie and newcomer Jonathon Shorten deliver a range of styles and moods with chart-topping potential.

"When I first heard the music for the album, it spoke to me. It was like the melodies were telling me the story and all I had to do was translate it into words."

The lead single 'Sunshine' is a spirited thank you to those friends you always have on hand to boost your confidence when you're low. It debuted in the top ten when it was released in October last year. The title track - which samples Bob Dylan's classic 'Knockin' On Heaven's Door' (and comes with his rare seal of approval) - is broad in its structure but precise in its effect. Other standouts include the two-step soul of '5 O'Clock' that's as s**y as it is funky.

Then there's the beautiful late-nite jam 'If You Love Me', the sly but beseeching 'Tell Me What You Dream' and the inevitable smash hits 'When A Woman' (a real Thelma & Louise joint!), and 'Falling' which takes Gabrielle's Motown-meets-90s-pop manifesto and literally runs away with it.

Hackney-born Gabrielle, 30, began her career singing for free in West End clubs whilst temping in offices during the day. The big break came when she recorded a demo called 'Dreams' based around Tracy Chapman's Fast Car which subsequently fell into the hands of an A&R man at Go! Beat. The track was re-recorded without the sample and ended up in the Guinness Book Of Hit Singles as the highest chart entry for a debut female act, topping the charts for three weeks. As well as having a number one record, Gabrielle's head-turning style complete with sequined eye patch and Josephine Baker kiss curls was the talk of the nation.

In three short years, nine singles [five of which were top ten] and two albums were released establishing Gabrielle as the UK's premiere soul vocalist. Her debut CD 'Find Your Way' contained the brawny 'Going Nowhere' and Top 20 hits 'I Wish' and 'Because Of You'. But it was the release of the Bacarach & David sounding 'Give Me A Little More Time' from 1997's self titled sophomore album, that confirmed what 'Dreams' hinted at. A sound which was to become Gabrielle. One which showed her off as a timeless artist full of classic soul connotations but also influenced by early 80s British pop. Whose distinct, evocative, vocals married the two and took us down the aisle with her. Even the Top Three collaboration with boy band East 17 ('If You Ever') had a mature feel to it. It was little wonder that Gabrielle would go on to cover Dionne Warwick's 'Walk On By'. In retrospect the song was perfect for her.

"My niche," she admits, "is pop music with a bit of classical soul in there. I've got a soulful element, even if it's not always evident, but whether it's pop, soul or rock, it's accessible to me . Growing up, I was a pop kid: Michael Jackson's 'Off The Wall', Wham!, Adam & The Ants, Diana Ross, Soul II Soul, Lisa Stansfield, Mantronix, Chaka Khan and then I'd go into my mum's record collection - Marvin g**e, Barry White, Bobby Womack, Dennis Brown... so wherever you want to place me, you can place me there because my influences are so diverse. What I like, I write and sing about and if someone likes it, them I'm happy."

By and large optimism is the watchword of 'Rise'. Although Gabrielle confronts self-doubt, self-pity and feelings of emotional redundancy, she keeps the balance right - melodrama has no place here. 'Rise' is confessional without being voyeuristic; self-explanatory without being self-absorbed. It's full of soul because Gabrielle's aware that music is the form of escapism we all need - whether we make it, listen to it or both. As a result 'Rise' is, quite simply, Gabrielle's strongest and most complete work to date.

注:日本のコピーは参照のために公正である
SPONSORED

年間10 の歌詞 (Ten Years Time の歌詞和訳)



Gabrielle 多くのために、イギリスのメスの芸術家立てば、少数。音楽的な言葉では、未婚第1 でデビューして選抜しなさいメスの歌手singer-songwriter に勝っている彼女は賞である: それを別影響を及ぼした音楽様式と結婚すること容易見つける才能、明瞭に入手しやすい雑種に彼女に。そして彼女は彼女に地下の祝歌を解放させる最初にファンを失わないで主流によって受け入れられた黒いイギリスの芸術家である。

適切にタイトルを付けられた' 上昇' のGabrielle のリターンは彼女のための困難なひとときに個人的そして創造的に続く。彼女の前パートナーの刑事信念に関する広く公表されたレポートは曇らせることをちょうど2 冊のアルバムに基づいて彼女の2 つBrits 、MOBO およびアメリカ音楽賞を与えた] 彼女の音楽的な業積彼女の創造的な潜在性を述べないために[ 脅した。しかし彼女の音楽として- 楽天主義であるように十分に、romanticism 、献身および鋭敏な存続本能- よい女性を固定するできない証明する。

' 上昇' はイギリスの成功した歌手/songwriters の1 人としてGabrielle を再建した。単一およびアルバムは600 以上後の今販売、3 か月のスペースの000 枚のコピーを用いるイギリスの図表を越えた。Gabrielle の成功は彼女を"イギリス最も熱いメスの芸術家" と呼ぶ掲示板に導いた。

"このアルバムは私のための自然な進行である。私は決して自分自身が情況か人によって下に置かれることを許可しない人"彼女言うである。Gabrielle はしかし音楽的な療法会議として、その傾聴者意見新しいアルバムを望む。材料は自叙伝的な要素を所有しているが、最後の3 年の日記でない。私が約であるが、それは私が常にいかに書いたあることがかであるものに

"自叙伝的な音楽をすることはおせっかいに人々を可能にする; 多くの私の歌は自叙伝的、ずっと方法についての円形で均一である。私は常にそのように書けた。それは慎重でないし、不実でない- ちょうど起こる。それはこれのように"私の例感じているである、従って私はそれについてgonna 書く"
{P である} ' 上昇' と幸せよりもっとある。それはメロディー、歌長いvocals および薄い暖かさと詰まる。生産者のジョニーのドル(大きい攻撃、Neneh のチェリー) 、(スパイスの女の子) リチャードStannard 、Richie Fermie および新来者Jonathon との共同は伝える図表トッピングの潜在性の様式そして気分の範囲を短くする。

"私が最初にアルバムのための音楽を聞いた時、私に伝えた。それはメロディーのよう私がしなければならなかったすべておよび物語が

単語にそれを"翻訳するべきだったことを言っていた私にだった単一の' 日光' がa である鉛は低いときあなたが常にあなたの信任を後押しする手で持っているそれらの友人に感謝するspirited 。それは最初の10 で10 月に去年解放されたときにデビューした。' を天のドア' のボブディランの古典的な' Knockin (彼の稀な認可の印によって来る) 見本抽出するタイトルトラック- 構造で広いが、効果で明確になり。他のstandouts はそれがファンキーであるとセクシーである' 5 時' のツーステップの精神を含んでいる。

それから私を' 愛すれば美しいlate-nite の込み合いが' 、悪賢いのあるが、女性' 時によって' 避けられない粉砕衝突' 夢を見るものが' 懇願して私に言えば(Thelma 及びルイーズの実質の接合箇所!) および' 落ちる' Gabrielle をMotown 会90s ぽんと鳴らし声明をそれと文字通り動く取る。日中のオフィスでtemping 間

Hackney 生まれるGabrielle 、30 は、ウエストエンドクラブの自由のために歌う彼女のキャリアを始めた。大きい壊れ目は彼女が' 続いてA&R の人の手に行く落ちたTracy の行商人の高速車のまわりで基づく夢と呼ばれたデモを記録したときに来た! 音。トラックはサンプルなしに再記録され、衝突のGuinness の本で終えられて3 週間図表を越えるデビューの女性の行為のための最も高い図表の記入項目として選抜する。第1 記録を持っていて、また、sequined 目パッチと完全なGabrielle の頭部回転様式およびJosephine のパン屋の接吻カールは国家の話だった。

3 つの短い年に、[ 5 つが上10 だった] 9 つは選抜し、イギリスのプリミアの精神のvocalist としてGabrielle を確立する2 冊のアルバムは解放された。彼女のデビューのCD ' 発見はあなたの方法' たくましい' どこも行くことを' 含み、上20 は' あなた' のために' 私に望む' 当り。しかしそれはBacarach の解放だった及び' 示唆されて夢を見たものをを' 鳴るデイヴィッドは私に1997's 自己によってタイトルを付けられるsophomore のアルバム、それからの少しより多くのひととき' を確認した与える。Gabrielle になる音。不朽の芸術家として彼女を古典的な精神の含蓄の十分に示したが、また影響を及ぼされる早い80s イギリスによってぽんと鳴る1 つは。だれの明瞭、evocative 、vocals が2 つと結婚し、彼女が付いている通路の下の私達を取ったか。男の子バンド東の17 との上の3 共同にそれに(' ') 成長した感じがあった。それはGabrielle がによる' Dionne Warwick の' 歩行をカバーすることを継続すること小さい驚異だった。振り返れば歌は彼女のために完全だった。

"私のニッチ、" 彼女は、"である僅かな古典的な精神のポップミュージックそこに是認する。私は常に明白でなくてもが、どうかそれは破裂音、精神または石である、感情的な要素を持っている、私にとって入手しやすいことを。育って、私は破裂音の子供だった: ' 壁' を離れたミハエルジャクソンは、! Wham 、アダム及び蟻、ダイアナロスの精神II の精神、リサStansfield 、Mantronix 、Chaka Khan 及びそれから私は私のミイラの記録的なコレクション- マーヴィンGaye 、バリーの白、Bobby Womack 、デニスブラウンに入る。。そう私を置きたいと思うところはどこでも私の影響がとても多様であるので私をそこに置くことができる。私が好む何を、私は"

及び大きい楽天主義は' 上昇' の合い言葉であることを及び誰かがそれを好めば、私によってが幸せであるそれら約書き、歌う。Gabrielle が感情的な重複のself-doubt 、自己憐憫および感じに直面するが、彼女はバランスの権利を保つ- melodrama に場所がここにない。' 上昇' はvoyeuristic であることなしで信仰告白である; self-absorbed あることなしで自ら明らか。それは音楽が私達escapism の形態すべての必要性であること精神の完全のでわかっているGabrielle である- 私達がそれを作るどうか、それまたは両方を聞きなさい。その結果' 上昇' は、かなり今までに単に、Gabrielle で最も強く、最も完全な仕事である。

注: 歌詞すべては所有者の特性そして版権である。歌詞は教育の目的のみで掲載されています。
SPONSORED

洋楽掲示板

Gabrielle の歌詞

人気への歌词