あなたの位置: ホーム(トップページ) | Garth Brooks の歌詞 | That Summer の歌詞 (歌詞和訳)

That Summer の歌詞




芸術家(アーティスト) Garth Brooks

歌詞和訳(日本語和訳)
SPONSORED
I went to work for her that summer
A teenage kid so far from home
She was a lonely widow woman
Hell-bent to make it on her own
We were a thousand miles from nowhere
Wheat fields as far as I could see
Both needing something from each other
Not knowing yet what that might be.

’til she came to me one evening
Hot cup of coffee and a smile
In a dress that I was certain
She hadn’t worn in quite a while
There was a difference in her laughter
There was a softness in her eyes
And on the air there was a hunger
Even a boy could recognize.

She had a need to feel the thunder
To chase the lightning from the sky
To watch a storm with all it’s wonder
Written in her lover’s eyes
She had to ride the heat of passion
Like a comet burning bright
Rushing headlong in the wind
Now where only dreams have been
Burning both ends of the night.

That summer wind was all around me
Nothing between us but the night
When I told her that I’d never
She softly whispered that’s alright
And then I watched her hands of leather
Turn to velvet in a touch
There’s never been a summer
When I have ever learned so much.

We had a need to feel the thunder
To chase the lightning from the sky
To watch a storm with all it’s wonder
Written in her lover’s eyes
She had to ride the heat of passion
Like a comet burning bright
Rushing headlong in the wind
Now where only dreams have been
Burning both ends of the night.

I often think about that summer
The sweat, the moonlight and the lace
And I have rarely held another
When I haven’t seen her face
And every time I pass a wheat field
And watch it dancing with the wind
Although I know it isn’t real
I swear inside I feel
Her hungry arms again.

She had a need to feel the thunder
To chase the lightning from the sky
To watch a storm with all it’s wonder
Written in her lover’s eyes
She had to ride the heat of passion
Like a comet burning bright
Rushing headlong in the wind
Now where only dreams have been
Burning both ends of the night.

Rushing in long in the wind
Now where only dreams have been
Burnin’ both ends of the night

注:日本のコピーは参照のために公正である
SPONSORED

あの夏 の歌詞 (That Summer の歌詞和訳)



彼女がその夏に仕事に行った
十代の子供の家からあまり遠く
彼女は孤独な未亡人の女性でした。
それは彼女自身を曲がって
我々 はどこから千マイルだった
私が見ることができる限りでは小麦をフィールドします。
両方が必要とお互いから何か
知らないまだ何かもしれない。

彼女は私に 1 つ夕方まで
熱い一杯のコーヒーと笑顔
特定されたドレスで
彼女はかなり中に着用していなかった
彼女の笑いでは違いがありました
彼女の目には柔らかさがあった。
空気には飢えがありました
でも、男の子が認識できません。

彼女は雷を感じる必要があります。
空からの稲妻を追跡するには
すべての嵐を見て不思議の
彼女の恋人の目に書かれて
彼女の情熱の熱に乗る必要があります。
明るく燃える彗星のような
真っ逆さまに風を急いでください。
今ここでだけの夢をされています。
夜の両端を燃やします。

夏風が私の周りのすべてだった
何も私たちも夜の間
私は決して言い
彼女はそっと大丈夫だささやいた
[革の手を見ました
ベルベットのタッチでを有効に
夏がないです。
とき私はそんなに今まで学んだ。

我々 は雷を感じる必要があった
空からの稲妻を追跡するには
すべての嵐を見て不思議の
彼女の恋人の目に書かれて
彼女の情熱の熱に乗る必要があります。
明るく燃える彗星のような
真っ逆さまに風を急いでください。
今ここでだけの夢をされています。
夜の両端を燃やします。

よくあの夏について思う
汗、月明かりの下、レース
私はほとんどもうを開催しています。
彼女の顔を見ていません。
小麦畑を渡すたびに
風とダンスを見守る
それは本物ではない知っています。
内部気誓う
彼女の空腹腕を再び。

彼女は雷を感じる必要があります。
空からの稲妻を追跡するには
すべての嵐を見て不思議の
彼女の恋人の目に書かれて
彼女の情熱の熱に乗る必要があります。
明るく燃える彗星のような
真っ逆さまに風を急いでください。
今ここでだけの夢をされています。
夜の両端を燃やします。

長い間風の中で急いでください。
今ここでだけの夢をされています。
夜の両端をバーニン

注: 歌詞すべては所有者の特性そして版権である。歌詞は教育の目的のみで掲載されています。
SPONSORED

洋楽掲示板

Garth Brooks の歌詞

人気への歌词