The Ballad of Lucy Jordan の歌詞 和訳 (ルーシーのヨルダンのバラード) - 芸術家(アーティスト)Marianne Faithfull
あなたの位置: ホーム(トップページ) | Marianne Faithfull の歌詞 | The Ballad of Lucy Jordan の歌詞 (歌詞和訳)

The Ballad of Lucy Jordan の歌詞




芸術家(アーティスト) Marianne Faithfull

歌詞和訳(日本語和訳)
SPONSORED
The morning sun touched lightly on the eyes of lucy jordan
In a white suburban bedroom in a white suburban town
As she lay there ’neath the covers dreaming of a thousand lovers
Till the world turned to orange and the room went spinning round.

At the age of thirty-seven she realised she’d never
Ride through paris in a sports car with the warm wind in her hair.
So she let the phone keep ringing and she sat there softly singing
Little nursery rhymes she’d memorised in her daddy’s easy chair.

Her husband, he’s off to work and the kids are off to school,
And there are, oh, so many ways for her to spend the day.
She could clean the house for hours or rearrange the flowers
Or run naked through the shady street screaming all the way.

At the age of thirty-seven she realised she’d never
Ride through paris in a sports car with the warm wind in her hair
So she let the phone keep ringing as she sat there softly singing
Pretty nursery rhymes she’d memorised in her daddy’s easy chair.

The evening sun touched gently on the eyes of lucy jordan
On the roof top where she climbed when all the laughter grew too loud
And she bowed and curtsied to the man who reached and offered her his hand,
And he led her down to the long white car that waited past the crowd.

At the age of thirty-seven she knew she’d found forever
As she rode along through paris with the warm wind in her hair ...

注:日本のコピーは参照のために公正である
SPONSORED

ルーシーのヨルダンのバラード の歌詞 (The Ballad of Lucy Jordan の歌詞和訳)



朝の太陽はルーシーの目に触れて軽くヨルダン
白い郊外の寝室で白の郊外の町で
彼女はカバーの愛好家の千の夢ニース横たわって
世界はオレンジ色になって、部屋が紡績ラウンド行ったまで。

彼女は気づいた 30 7 歳で彼女は決してください。
パリを彼女の髪に暖かい風のスポーツ車に乗る。
だから彼女を鳴らし続ける携帯電話を聞かせ、彼女はそこにそっと歌って座っていた
彼女は彼女のお父さんの安楽椅子で暗記していた少し童謡

彼女の夫、彼は仕事にで、子供たちは学校にオフです。
そして、ああ、そう多くの方法が彼女の一日を過ごすことのため。
彼女は可能性が時間のための家を掃除または花を並べ替える
またはすべての方法を叫んで怪しげな通りを裸で実行します。

彼女は気づいた 30 7 歳で彼女は決してください。
パリを彼女の髪に暖かい風のスポーツ車に乗る
だから彼女はそっと歌って彼女はそこに座ったときに鳴らし続ける携帯電話ことができます。
彼女は彼女のお父さんの安楽椅子で暗記していたかなりの童謡。

夜の太陽に優しくルーシーの目に触れたヨルダン
ここで彼女はときに登った屋根の上にすべての笑いはあまりにも大声で育った
彼女は頭を下げたし、願いましたに達し、彼女は彼の手を提供する人、
彼は過去の群衆を待って長い白い車の下に彼女を導いた。

30-7 歳で彼女は、彼女は永遠に発見と知っていた
彼女に沿ってパリを通して暖かい風が彼女の髪に乗って.

注: 歌詞すべては所有者の特性そして版権である。歌詞は教育の目的のみで掲載されています。
SPONSORED

洋楽掲示板

Marianne Faithfull の歌詞

人気への歌词