あなたの位置: ホーム(トップページ) | Genesis の歌詞 | The Lamia の歌詞 (歌詞和訳)

The Lamia の歌詞




芸術家(アーティスト) Genesis

歌詞和訳(日本語和訳)
SPONSORED
Rael touches his face to confirm that he is still alive. he writes death off as an illusion, but notices a thick musky scent hanging in the air. he moves to the corner where the scent is stronge
Scovering a crack in the rubble through which it is entering. he tries to shift the stones and eventually clears a hole large enough to crawl out of. the perfume is even stronger on the other si
D he sets off to find it’s source, with a new-found energy.

The scent grows richer, he knows he must be near,
He finds a long passageway lit by chandelier.
Each step he takes, the perfumes change
From familiar fragrance to flavours strange.
A magnificent chamber meets his eye.

He finally reaches a very ornate pink-water pool. it is lavishly decorated with gold fittings. the walls around the pool are covered with a maroon velvet up which honeysuckle is growing. from ou
The mist on the water comes a series of ripples.

Inside, a long rose-water pool is shrouded by fine mist.
Stepping in the moist silence, with a warm breeze he’s gently kissed.

Thinking he is quite alone,
He enters the room, as if it were his own
But ripples on the sweet pink water
Reveal some company unthought of -

Three snakelike creatures are swimming towards rael. each reptilian creature has the diminutive head and breasts of a beautiful woman. his horror gives way to infatuation as their soft green eye
W their welcome. the lamia invite him to taste the sweet water and he is quick to enter the pool. as soon as he swallows some liquid, a pale blue luminescence drips off from his skin. the lamia
The liquid very gently as they begin, with each new touch, he feels the need to give more and more.

Rael stands astonished doubting his sight,
Struck by beauty, gripped in fright
Three vermilion snakes of female face
The smallest motion, filled with grace.
Muted melodies fill the echoing hall,
But there is no sign of warning in the siren’s call:
Rael welcome, we are the lamia of the pool.
We have been waiting for our waters to bring you cool.

Putting fear beside him, he trusts in beauty blind,
He slips into the nectar, leaving his shredded clothes behind.
With their tongues, they test, taste and judge all that is mine.
They move in a series of caresses
That glide up and down my spine.

They knead his flesh until his bones appear to melt, and at a point at which he feels he cannot go beyond, they nibble at his body. taking in the first drops of his blood, their eyes blacken and
R bodies are shaken. distraught with helpless passion he watches as his lovers die. in a desperate attempt to bring what is left of them into his being, he takes and eats their bodies, and strug
To leave his lovers’ nest.

As they nibble the fruit of my flesh, I feel no pain,
Only a magic that a name would stain.
With the first drop of my blood in their veins
Their faces are convulsed in mortal pains.
The fairest cries, ’we all have loved you rael’.

Each empty snakelike body floats,
Silent sorrow in empty boats.
A sickly sourness fills the room,
The bitter harvest of a dying bloom.
Looking for motion I know I will not find,
I stroke the curls now turning pale, in which I’d lain entwined
O lamia, your flesh that remains I will take as my food
It is the scent of garlic that lingers on my chocolate fingers.

Looking behind me, the water turns icy blue,
The lights are dimmed and once again the stage is set for you.

注:日本のコピーは参照のために公正である
SPONSORED

ラミア の歌詞 (The Lamia の歌詞和訳)



ラエルは、彼がまだ生きていることを確認するために彼の顔に触れます。彼は死は、幻想として書き込みますが空気中にハングアップ厚い麝香の香りを通知します。彼はコーナーにゆるぎないの香りが移動します
Scovering を入力するときは、瓦礫の中の割れ目。彼は石をシフトしようとして、最終的のうちをクロールするのに十分な大きさの穴をクリアします。香水は、他の si にも強い
D 彼はソースと新しい発見のエネルギーを見つける設定をオフにします。

香り豊かに成長する、彼は彼の近くにある必要があります知っている、
彼はシャンデリアが点灯長い通路を検索します。
各彼は一歩、香水の変更
おなじみの香りから奇妙な味には。
壮大な室内では、彼の目を満たしています。

彼は最終的には非常に華やかなピンク水プールに達する。それは贅沢なゴールドの金具を飾られています。プールの周りの壁は栗色のベルベットで覆われているどのスイカズラを成長しています。ou から
霧水の波紋のシリーズです。

中で、長いバラ水プール細かい霧で包まれています。
ステッピングは、湿った沈黙は、彼がそっとキスをした暖かいそよ風で。

彼はかなりだけで思考
彼自身は彼の部屋に入る
しかし、甘いの波紋水ピンク
いくつかの会社の unthought を明らかにする-

3 つの退化生き物ラエルへ泳いでいます。各爬虫類の生き物は、小柄な頭と胸の美しい女性があります。彼の恐怖の柔らかい緑の目として夢中に方法を提供します。
W 歓迎。ラミア招待彼の甘い水の味を彼はプールに入るは簡単です。彼はいくつかの液体を飲み込むとすぐに、淡い青色の発光に彼の皮膚から出る。ラミア
液体はとても優しく彼ら、各新しい接触を開始すると彼はより多くを与えることの必要性を感じています。

ラエルは、彼の視力を疑うびっくりスタンド、
恐怖のとりこの美しさに感銘
女性の顔の 3 つの朱色ヘビ
最小の動きでは、優雅さでいっぱい。
ミュート メロディー反響のホールを埋める、
しかし、警告サイレンのコールでの気配はないです。
ラエルは、プールのラミア歓迎。
私たちは私たちの海のクールをもたらすことを待っています。

彼のそばに恐怖を置く、彼は盲目の美しさに信頼します。
彼は彼の細切りの服を残して、蜜にスリップします。
自分の舌をテスト、味、すべての私の判断します。
彼らは一連の愛撫に移動します。
私の背骨を上下に滑空します。

彼らは彼の肉を溶融するには、彼の骨を表示しで彼は彼を超えて移動することはできません感じている時点では、彼らに彼の体をかじるまでこねます。彼の血の最初のドロップで撮影、彼らの目に泥を塗ると
R 体が動揺しています。彼は彼の恋人が死んでいる時計無力の情熱に打ちひしがれています。それらの彼の中に残っているものをもたらすことに必死の試みで彼はかかる、彼らの体と strug を食べる
彼の恋人たちの巣を残しするには。

彼らは私の肉の果実をかじると、痛みは感じない、
のみ名前を染色する魔法。
私の静脈の血液の最初のドロップで
自分の顔は、不滅の痛みで身もだえです。
''私たちは皆、ラエル愛している'' 最も公正な叫び。

退化本体各空に浮かぶ、
サイレント悲しみ空船で。
病弱な酸味は部屋を満たす、
瀕死のブルームの苦い収穫。
見つからないだろう知っている動きを見ると、
私は、カール今淡い、転換で絡んだごときで私はストロークします。
O ラミア、残っているあなたの肉としての私の食糧に手がかかります
それは私のチョコレートの指に残っているニンニクの香りです。

私の後ろを見ると、水は氷青に変わり、
ライトが淡色表示されているし、もう一度あなたの舞台です。

注: 歌詞すべては所有者の特性そして版権である。歌詞は教育の目的のみで掲載されています。
SPONSORED

洋楽掲示板

Genesis の歌詞

人気への歌词