あなたの位置: ホーム(トップページ) | Labelle の歌詞 | Time の歌詞 (歌詞和訳)

Time の歌詞




芸術家(アーティスト) Labelle

歌詞和訳(日本語和訳)
SPONSORED
I looked out across
The river today
Saw a city in the fog
And an old church tower
Where the seagulls play
Saw the sad shire horses
Walking home in the sodium light
two priests on the ferry
October geese on a cold winter's night

All this time
The river flowed
Endlessly,
To the sea.

Two priest came round
Our house tonight
One young, one old,
To offer prayers for the dying,
And To serve the final rite
One to love, one to teach
Which way the cold wind blows
one Fussing and flapping in priestly black
Like a murder of crows

All this time
The river flowed
Endlessly,
To the sea.

If I had my way
I'd take a boat from the river
And I'd bury the old man
I'd bury him at sea

Blessed are the poor
For they shall inherit the earth
Better to be poor
Than be a fat man in the eye of a needle
As these words were spoken
I swear I hear the old man laughing
What good is a used up world,
And how could it be worth having?

All this time
The river flowed
Endlessly,
like a silent tear.

All this time
The river flowed
Father, if Jesus exists,
Then how come he never lived here?
Yeah, yeah
Yeah, yeah
Yeah, yeah

Teachers told us
The Romans built this place
They built a wall and a temple on the edge of the
Empire garrison town
They lived and they died
They prayed to their gods
But the stone gods did not make a sound
And their empire crumbled
Till all that was left
Were the stones the workmen found

All this time the river flowed
In the falling light of a northern sun
If I had my way
I'd take a boat from the river
Men go crazy in congregations
They only get better one by one
One by one
One by one, by one
One by one

I looked out across
The river today
I saw a city in the fog
And an old church tower
Where the seagulls play
Saw the sad shire horses
Walking home in the sodium light
Two priests on the ferry
October geese on a cold winter's night

注:日本のコピーは参照のために公正である
SPONSORED

時間 の歌詞 (Time の歌詞和訳)



私は
今日川の
鋸を渡って霧
の都市をナトリウムライト
で家に歩いている悲しいshire 馬
冷たい冬の夜

のフェリー
10 月のガチョウの2 人の司祭すべての今回

際限なく流れたことをカモメが遊ぶところ古い教会タワー

見た、
見、海に。

2 司祭はどの方法が寒風の打撃によって{カラス

の殺害のような聖職者にふさわしい黒
で騒ぎ、はためくP} 1 がすべての今回

際限なく流れたか
今夜私達の家
1 つの若者、古い1
死ぬことのための祈りを、
提供し、
、{P を教えるのに最終的な儀式
1 に愛に役立つため、1 来た} 海に。私が私の方法を有したら


私が川
からのボートを及び私埋める老人を取る
私が海
{P で彼を埋める} およびそれ持っていることあるかもしれないいかにの価値を持って世界の上で使用されるどんなよいであるか私は老人の笑うことを聞くことをこれらの単語が話されていて
私誓うだったので彼らのための貧乏人
貧しいよい地球
受継ぐ
よりであるの目の脂肪質の人が針

賛美されて
か。

すべての今回
川は無声破損のように

際限なく流れた。

すべての今回
川は父イエス・キリストが存在していれば、
{P 流れた} どうして彼が決してここに住んでいなかったかそしてか。
ええ、ええ
ええ、ええ
ええ、ええ

教師は私達に言った
Romans はこの場所を造った
壁をおよび
帝国駐屯隊の町
の端の寺院住み、造ったによって
彼らの神
に彼らが祈った死んだが、石造りの神は音
作らなかった及び砕けた彼らの帝国は残ていたすべてまで

労働者石

川が流れた見つけられたすべての今回だった
北の太陽
私の方法
の落ちるライトで有したら私は川
人からのボートを行く会合で狂気に取る
彼らがよりよく

一つずつ一つずつ一つずつなるただ、1 つによって
一つずつ

私は
川を渡って見たカモメが遊ぶところ霧
および古い教会タワー

の都市は悲しいshire 馬{P は} 見たことを今日
私が見たナトリウムライト
で家に歩くこと冷たい冬の夜のフェリー
10 月のガチョウの2 人の司祭

注: 歌詞すべては所有者の特性そして版権である。歌詞は教育の目的のみで掲載されています。
SPONSORED

洋楽掲示板

Labelle の歌詞

人気への歌词