あなたの位置: ホーム(トップページ) | John Frusciante の歌詞 | Untitled #3 の歌詞 (歌詞和訳)

Untitled #3 の歌詞




芸術家(アーティスト) John Frusciante

歌詞和訳(日本語和訳)
SPONSORED
A dove is a glove
That I wear in my heart
And though I like to dress smart
It doesn’t have any part of the world of fashion
And you’re there to put me down
And I’m sick off the frowns that follow me around
I would like the sky but there’s no reason why
She’d say to this world with the nose of a girl
Turned up so loud that it rings sings the cloud
I’ve never been here and though you’re physically here
You’re pushing me away to decay like the day that I loved

There is a girl, blabbing nothing outside my window
What do I have to show
To a world that the only way to destroy
Is to die like a baby boy
I could be happy in infinity
Of the space of my eyelid
But I know I’m somewhere else
Where the words on this page
Are better than the scribling nonsense they are,
And it would be real,
And I eat my last meal
Wish that I could feel
But now I don’t even know if I’m real

注:日本のコピーは参照のために公正である
SPONSORED

無題 3 の歌詞 (Untitled #3 の歌詞和訳)



はとは手袋です。
私の心を着用すること
スマートの服装をするよう
それはファッションの世界の任意の部分を持っていません。
私を置く必要があります。
私に従うの周りフキゲン オフがうんざり
空を望むがなぜ理由はないです。
彼女はこの世界には女の子の鼻は言う
大声で歌うリングと雲が現れた
私は決してここにきたし、は、物理的にここにいます。
あなたは朽ち果てる好きな日のように私を押しています。

何も私の窓の外を blabbing は女の子です。
表示しなければ
世界を破壊する唯一の方法
男の子のように死ぬことです。
無限に幸せになれるだろう
私のまぶたの空間
しかし、私はどこか知っています。
どこでこのページ上の単語
彼らは scribling ナンセンスよりも優れている、
そしてそれは現実になると、
私の最後の食事を食べる
私が感じることができたことを望む
しかし、今私もあたしはかどうかを知っていません。

注: 歌詞すべては所有者の特性そして版権である。歌詞は教育の目的のみで掲載されています。
SPONSORED

洋楽掲示板

John Frusciante の歌詞

人気への歌词