あなたの位置: ホーム(トップページ) | Pulp の歌詞 | Wickerman の歌詞 (歌詞和訳)

Wickerman の歌詞




芸術家(アーティスト) Pulp

歌詞和訳(日本語和訳)
SPONSORED
Just behind the station, before you reach the traffic island, a river runs thru’ a concrete channel.
I took you there once I think it was after the leadmill.
The water was dirty & smelt of industrialisation
Little mesters coughing their lungs up & globules the colour of tomato ketchup.
But it flows. yeah, it flows.
Underneath the city thru’ dirty brickwork conduits
Connecting white witches on the moor with pre-raphaelites down in broomhall.
Beneath the old trebor factory that burnt down in the early seventies.
Leaving an antiquated sweet-shop smell & caverns of nougat & caramel.
Nougat. yeah, nougat & caramel.
And the river flows on.
Yeah, the river flows on beneath pudgy fifteen-year olds addicted to coffee whitener
And it finally comes above ground again at forge dam: the place where we first met.

I went there again for old time’s sake
Hoping to find the child’s toy horse ride that played such a ridiculously tragic tune.
It was still there - but none of the kids seemed interested in riding on it.
And the cafe was still there too
The same press-in plastic letters on the price list & scuffed formica-top tables.
I sat as close as possible to the seat where I’d met you that autumn afternoon.
And then, after what seemed like hours of thinking about it
I finally took your face in my hands & I kissed you for the first time
And a feeling like electricity flowed thru’ my whole body.
And I immediately knew that I’d entered a completely different world.
And all the time, in the background, the sound of that ridiculously heartbreaking child’s ride outside.

At the other end of town the river flows underneath an old railway viaduct
I went there with you once - except you were somebody else -
And we gazed down at the sludgy brown surface of the water together.
Then a passer-by told us that it used to be a local custom to jump off the viaduct into the river
When coming home from the pub on a saturday night.
But that this custom had died out when someone jumped
Landed too near to the riverbank
Had sunk in the mud there & drowned before anyone could reach them.
I don’t know if he’d just made the whole story up, but there’s no way you’d get me to jump off that bridge.
No chance. never in a million years.

Yeah, a river flows underneath this city
I’d like to go there with you now my pretty & follow it on for miles & miles, below other people’s ordinary lives.
Occasionally catching a glimpse of the moon, thru’ man-hole covers along the route.
Yeah, it’s dark sometimes but if you hold my hand, I think I know the way.
Oh, this is as far as we got last time
But if we go just another mile we will surface surrounded by grass & trees & the fly-over that takes the cars to cities.
Buds that explode at the slightest touch, nettles that sting - but not too much.
I’ve never been past this point, what lies ahead I really could not say.
I used to live just by the river, in a dis-used factory just off the wicker
The river flowed by day after day
One day I thought, one day I will follow it but that day never came
I moved away & lost track but tonight I am thinking about making my way back.
I may find you there & float on wherever the river may take me.
Wherever the river may take me.
Wherever the river may take us.
Wherever it wants us to go.
Wherever it wants us to go.

注:日本のコピーは参照のために公正である
SPONSORED

Wickerman の歌詞 (Wickerman の歌詞和訳)



交通島に達する前に駅のすぐ後ろに川を介して実行されます '' コンクリートのチャネル。
Leadmill 後だと私はあなたがそれを取った。
水は汚れていたし、アンプの工業化ワカサギ
少し mesters が彼らの肺とアンプの球色トマト ケチャップの咳します。
しかし、それは流れます。ええ、それは流れます。
都市内を遊動の下に '' 汚れたれんが造りの壁のコンジット
白い魔女の湿原おでダウン ラファエル前派と接続します。
70 年代前半で焼失古いトレバー工場の下に。
時代遅れの甘いショップ香りとキャラメルとヌガーの洞窟を残してください。
ヌガー。ええ、アンプのキャラメルとヌガー。
川の流れ。
ええ、川にずんぐりした 15 - コーヒーの漂白剤を常習している歳の下に流れる
それ最後に築くダムに再び地上に来ると: 僕らが出会った場所。

私は再び昔の時間のために行った
このような途方もなく悲劇演奏子供のおもちゃ馬乗る調整を見つけることを願ってください。
それまだそこ - だったが、子供のどれも乗ってに興味を持って見えた。
カフェもまだそこにあった
同じプレスでプラスチック上の文字の価格表とアンプ フォーマイカ トップ テーブルすり減った。
私はできるだけ近いどこあなたは秋の午後会ったいた席に座った。
その後何時間それについての考え方のように見えた後、
私は最終的にあなたの顔に私の手とあなたが初めてキスをしたアンプを取った
電気を通して流れていたような感じ '' 私の身体全体。
すぐに、完全に別の世界に入ったことを知っていた。
すべての時間をバック グラウンドでその途方もなく悲痛な子供に乗って外の音。

町の他の終わりに川、古い鉄道高架下に流れる
あなたが他の誰かだったを除いて私はあなたと一度 - 行って-
我々 ダウン水のドロドロ茶色の表面で一緒に見つめた。
通行人それするオフ高架橋川にジャンプするには、ローカルのカスタム使用してくれたし、
来るときは土曜日の夜のパブから家。
このカスタムするとき誰かが死亡していたが急増
あまりにも近い、川岸に上陸しました。
泥があると誰もそれらに達することができる前に溺死のアンプに沈んでいた。
彼は全体の話をでっちあげただけでしょうが、あの橋からジャンプして私を得るだろう方法がないかどうかを知っていません。
チャンスがないです。決して 100 万年。

ええ、この街の下には川が流れてください。
そこにあなたと今私のかなり行くしたいのですが、アンプそれに従うを他の人の普通の生活以下のアンプ マイルも。
時折キャッチ、月を通しての姿を '' 人の穴に沿ってルートをカバーしています。
ええ、それは時々 暗いですが、私の手を保持する場合は、方法を知っていると思います。
最後の時間を得た限りああ、これです。
しかし、ちょうど別のマイル我々 が表面化する囲まれた草や木々 や都市への車がかかるヘルプヒントを行く場合。
-ない、あまりにも多くを刺すイラクサのわずかなタッチでは、爆発する芽。
どのような嘘を控えは本当にいない言うことができるこのポイントを過ぎては行ったことがないです。
川柳細工のオフだけ投の工場だけで生活するために使用
川が流れていた一日の後
私は考えて、1 日 1 日が続くが、決してその日が来た
移動し、トラックのアンプを失ったが、今夜、私は戻って自分の道を作ってについて考えています。
アンプのフロート上どこにいて、川は私にかかることがありますがあります。
どこ川は私にかかることがあります。
どこ川は私たちを取ることがあります。
どこそれは私たちの行くことを望んでいます。
どこそれは私たちの行くことを望んでいます。

注: 歌詞すべては所有者の特性そして版権である。歌詞は教育の目的のみで掲載されています。
SPONSORED

洋楽掲示板

Pulp の歌詞

人気への歌词